デキサート 注射 液。 ブロック注射等のデキサート注・ケナコルトA注査定

医療用医薬品 : デキサート (デキサート注射液1.65mg 他)

🙃 なお、投与開始前にHBs抗原陰性の患者において、B型肝炎ウイルスによる肝炎を発症した症例が報告されている。

医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。

デキサート注射液3.3mg

🙏(原則禁忌)1.有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者[免疫抑制作用により、感染症が増悪する恐れがある]。 [静脈内、点滴静脈内]• 12.局所皮内注射:1).泌尿器科疾患:陰茎硬結。 12.局所皮内注射: 1).泌尿器科疾患:陰茎硬結。

11
ステロイドは抗炎症作用を有するため、デキサメタゾンにはこれらの有害な炎症反応を予防または抑制する可能性が示唆されており、前述の試験によって効果が裏付けられました。 紅斑症• 5).軟組織内注射:デキサメタゾンとして1回1.65~5.0mg、原則として投与間隔を2週間以上とする。

デキサート注射液1.65mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

😒 耳鼻咽喉科疾患:*急性中耳炎・*慢性中耳炎、*滲出性中耳炎・*耳管狭窄症、メニエル病及びメニエル症候群、急性感音性難聴、進行性壊疽性鼻炎、喉頭炎・喉頭浮腫、*喉頭ポリープ・*喉頭結節、食道の炎症 腐食性食道炎、直達鏡使用後 及び食道拡張術後、耳鼻咽喉科領域の手術後の後療法。

18
過敏症• コントロール不良の糖尿病• 感染症のある腱鞘内• 食物に過敏な喘息• 低出生体重児で、脳性麻痺、一過性肥大型心筋症が起こることが報告されている。 5).精神変調、うつ状態、痙攣。

デキサート注射液, 医療用医薬品 : デキサート (商品詳細情報)

👇 投与中は副作用の出現に対し、常に十分な配慮と観察を行い、また、患者をストレスから避けるようにし、事故、手術等の場合には増量するなど適切な処置を行うこと。 非感染性 腱鞘炎• 8).消化器疾患:*潰瘍性大腸炎、*限局性腸炎、*重症消耗性疾患の全身状態の改善(癌末期、スプルーを含む)。

17
ウイルス性結膜・角膜疾患、結核性眼疾患、真菌性眼疾患及び急性化膿性眼疾患の患者に対する眼科的投与[免疫抑制作用により、これらの症状が増悪するおそれがある。

デキサート注射液3.3mg 1mL

✍ 乳癌の再発転移• 非感染性慢性関節炎• 腹腔内注入: 外科疾患:手術後の腹膜癒着防止。 電解質異常• 使用上の注意情報 (警告)本剤を含むがん化学療法は、緊急時に十分対応できる医療施設において、がん化学療法に十分な知識・経験を持つ医師のもとで、本療法が適切と判断される症例についてのみ実施する。

18
] 電解質異常のある患者電解質異常のある患者[ナトリウム・水貯留作用により、電解質異常が増悪するおそれがある。 医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト 上・下肢伝達麻酔と腕神経ブロックの違いに関する医療事務解説ページ。

デキサート注射液6.6mg

😚 フェニトイン 併用により、フェニトインの血中濃度が上昇又は低下するとの報告がある。 なお、投与量及び投与日数は、年齢、患者の状態により適宜減ずる。 医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。

15
適用上の注意• 筋肉内又は皮内投与: 頻度不明 局所に組織萎縮による陥没が起こることがある。 眼筋の炎症性疾患の対症療法• B型肝炎ウイルスキャリア• 3).水痘又は麻疹の既往や予防接種を受けたことがある患者であっても、本剤投与中は、水痘又は麻疹を発症する可能性があるので留意する。

【薬剤師向け】「デキサメタゾン」とは?効果や副作用、薬価などを解説|薬剤師求人・転職・派遣ならファルマスタッフ

🐾 筋肉内又は皮内投与: 局所に組織の萎縮による陥没が起こることがある。 球後注射: 眼科疾患:内眼・視神経・眼窩・眼筋の炎症性疾患の対症療法 ぶどう膜炎、網脈絡膜炎、網膜血管炎、視神経炎、眼窩炎性偽腫瘍、眼窩漏斗尖端部症候群、眼筋麻痺の対症療法 、外眼部及び前眼部の炎症性疾患の対症療法で点眼が不適当又は不十分な場合 眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、虹彩毛様体炎の対症療法で点眼が不適当又は不十分な場合。 肺疾患:*びまん性間質性肺炎 肺線維症 放射線肺臓炎を含む。

18
後のう白内障の患者[水晶体線維に影響し、後のう白内障が増悪するおそれがある。

デキサート注射液6.6mg|一般的な治療薬【臨床研究情報ポータルサイト】

🙂 医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。 ダクラタスビル塩酸塩、アスナプレビル• 湿疹・皮膚炎群• また、血圧上昇、心筋壁の肥厚を起こすとの報告がある。

2
慢性肝疾患• 卵管整形術後の癒着の防止• 18).耳鼻咽喉科疾患:*急性中耳炎・*慢性中耳炎、*滲出性中耳炎・*耳管狭窄症、メニエル病及びメニエル症候群、急性感音性難聴、進行性壊疽性鼻炎、喉頭炎・喉頭浮腫、*喉頭ポリープ・*喉頭結節、食道の炎症(腐食性食道炎、直達鏡使用後)及び食道拡張術後、耳鼻咽喉科領域の手術後の後療法。 アレルギー性鼻炎 [筋肉内、ネブライザー、鼻腔内、鼻甲介内]• 内分泌: 頻度不明 月経異常。