あー ん スト 様 が 死ん だ。 あーん!スト様が死んだ!

あーんスト様が死んだ!

⚒ 関連項目 [ ]• 関連タグ 関連記事 親記事.。 (99)• 足場から落下しそうになったところをジョセフに助けられ、置き土産として「柱の男」の脅威を伝えた。

ところで、今回、この元ネタのイラストを見るために5巻を開いたのだが、ついつい読み返してしまった。 第1部() 黒髪の長髪をなびかせる美青年。

あーん!スト様が死んだ!

🙃 イラスト中のストレイツォに抱きつく女性キャラクターも、おそらく投稿者の自画像ではないだろうか。 ストレイツォ死亡は次巻にあたる第六巻であるが、 本文に先立って収録されたのは編集の都合によるものと思われる。

20
ただ、をすべて読破した後も、元ネタがどこにあるのか知らなかった。 Recommended Maxim• (絵が受け付けない発言は禁止の方向で!). なぜジョナサンを助けに行かなかったのか突っ込まれがちだが、原作ではディオが呼び出した大量の屍生人をトンペティやスピードワゴンと共に倒すのに手一杯だったことが示唆されている(「これでは彼を助けにいけない!」など)。

あーんスト様が死んだ!

👊 初っぱなのスト様て強敵過ぎた。 吸血鬼になっても、誇りを失わなかった男か。 あーんスト様が死んだ: my blog のブログ (50)• ただしスピードワゴンの要請に応じたのは完全に善意であり、別に最初から裏切りをやらかすつもりだったわけではない。

11
文章があまりにイタイタしい感じであり、いかにも「オタク」や「腐女子」といった言葉を連想させる。

あーんスト様が死んだ!

👍 ネタの宝庫でもあるので、未読の方は是非、この色褪せない魅力を体感してください。 にストレイツォが倒され死亡した事を悲しむ内容であったのだが、 少年少女からのあどけない、もしくは男性読者からの熱いハガキばかりが並ぶコーナーで 極めて異彩を放つ女性的な文体とイラストが盛り込まれた、 88年当時にして既に存在する「少年マンガに興味をもつタイプの女性ファン」のセンスを ありありと察することができる非常にインパクトのあるハガキであった。 また、文庫版には収録されていない。

8
(3)• にとってはになっている色んな意味でのである。

あーん!スト様が死んだ! (あーんすとさまがしんだ)とは【ピクシブ百科事典】

💋 味方として登場したのに、その後の部で「敵」になっちゃったキャラってこの人以外に誰か居たっけ? -- 名無しさん 2015-01-29 21:49:53• マンガやアニメにおいてお気に入りのキャラクターが死んでしまったら是非このコピペを改変してみよう。 heeeeyyyy あァァァんまりだァァアァ ahyyy ahyyy ahy whooooooohhhhhhhh! 絵が描ける人はこちらも。 は()、(版)。

(8)• これが初戦だっていうのが、第二部のスゴ味を決定づけている。 ストレイツォ すとれいつぉ とは【ピクシブ百科事典】 (1)• (7)• ストレイツォ すとれいつぉ とは【ピクシブ百科事典】 (2)• 「先生のバカッ!!」ではなく「 先生のカバッ!!」となっている部分など秀逸である。

あーん!スト様が死んだ!の元ネタ

📲 あーんスト様が死んだ: my blog のブログ スト様の女子、当時20と仮定して、今48か……お元気ですでしょうか? -- 名無しさん 2016-01-13 17:47:01• ジョセフ・ジョースターにが倒され死亡した事を悲しむ内容であったのだが、 少年少女のあどけない、もしくは男性読者の熱いハガキばかりが並ぶコーナーで 極めて異彩を放つ文体とイラストを盛り込み、 当時にして既に存在する、マンガにおける女性ファン文化もとい腐女子的感性を ありありと感じることのできる非常にインパクトのあるハガキであった。 また、文庫版には収録されていない。

11
当初はその不死身に近い特性でジョセフを苦戦させ、で額を撃ち抜いて一度は倒したかに思われた。

あーん!スト様が死んだ!

🔥 文章があまりにイタイタしい感じであり、いかにも「オタク」や「腐女子」といった言葉を連想させる。 S '88 1・2号は娘さんとくっつきすぎだ!!」についてだが P. 第二部の何がすごいって、強敵しか登場しないところだ。

13
S '88 1・2号は娘さんとくっつきすぎだ!! 余談 [ ] その後のジャンプコミックス版第十一巻において、 エリナおよびスピードワゴンとともにストレイツォの五十年前の写真が出てくる。 年05月30日 11:33 gooランキング 「あーん!スト様が死んだ」「飛影はそんなこと言わない」 東方 あーん! たまにとも言われるが、腐女子とは好き趣向のことを言うのでこの文面からは彼女が腐女子かは判断できない。