マスク 免疫 低下。 長時間マスク着用は、脳や肺に深刻なダメージ

マスクは免疫を低下させるのか

🤛 また、口呼吸により口を開けている時間が長くなることで 歯列や咬合が正常でなくなったり、咀嚼機能が低下します。 喫煙を止め、 食事を変え、 アルコールの消費を止め、 wifiと携帯電話の電源を切り、 神経に有害な注射をやめ、 有毒な薬物の服用を中止し、 日常生活で化学物質の使用を中止し、適切な衛生状態を保ちます。 「扁桃腺にはウイルスや細菌から身を守る働きがありますが、口呼吸をすることで扁桃腺が防御反応で炎症を起こし、扁桃炎になります。

19
【総括】 新型コロナウイルスの感染拡大は、私達の生活に大きな変化をもたらしました。

マスク着用>CO2吸引>酸欠>免疫低下>病気!

👏 免疫が落ちるため掌や足の裏にアトピーのような湿疹ができたり、口の中の乾燥が原因で歯肉炎を起こしたり、虫歯になりやすくなったりすることも。

4
子供や思春期の子供にとってマスクは絶対に禁物です。 この場合は、死につながりかねない。

マスクの常着で免疫低下!効果的なマスク着用術とは?

👈 鼻呼吸は体温を下げませんが、口呼吸は体温よりも低い温度の空気をそのまま体に取り込み、熱を体外に逃がしてくれるため、自然と口呼吸をするようになってしまう。 その子どもにとって重要な手がかりを、わたしたち大人は奪ってしまっていることに気付かねばなりません。 その論文のAbstract(要約)において以下のように述べられています。

感染拡大が衰える気配はなく、しばらくはマスクが手放せない生活が続きそうだ。 このウイルスは大多数にとっては比較的良性の感染症であり、リスクの高い集団の大半も生存していることから、感染症や疫学的見地からも、健康な集団にウイルスを拡散させることで、このパンデミックを早期に終わらせ、来年の冬の再来を防ぐための集団免疫レベルに早く到達することができるだろう。

マスクは体に悪いと警鐘を鳴らしている記事を紹介

💕 本質的には、 あなたのマスクは感染のリスクを高め、はるかに悪い結果をもたらすことになる がん患者、特にがんが転移している場合、がんが酸素の少ない微小環境で最も良く成長するため、長期にわたる低酸素症のリスクがさらに高くなる。 コロナ禍によるマスクの常時着用が原因であると考えている歯科医師の意見が目立つ結果となりました。

9
パキスタンの研究で示された"Mask fatigue(マスク疲れ)" JPMA(パキスタン医療協会誌)で、"Mask fatigue(マスク疲れ)"についての論文が掲載されていました。

マスクの常着で免疫低下!効果的なマスク着用術とは?

😩 コロナ禍の影響で、口内環境の悪化や唾液力が低下している患者が多いことが伺えます。 マスクと鼻呼吸のメリットを理解すると、期待する効果を高めることができます。 その症状になると、癌の原因にもなるという話も聞かないですね」 文科省の健康教育食育課は同日、取材にこう話した。

7
コロナパンデミックにより政府は、外出自粛を初めとして、三密回避、ソーシャルディスタンスの確保、徹底した消毒を推奨。 低酸素はまた炎症を促進するが、この炎症は癌の成長、浸潤、転移を促進する役目を果たす。

マスク着用>CO2吸引>酸欠>免疫低下>病気!

🤗本間さんは、慢性的な口呼吸をしている人は鼻呼吸の人よりも認知機能や記憶を想起する力が弱くなると指摘する。

1
そして、インフルエンザウイルスの感染をコントロールするための効率性についての決定的な証拠は見つかっていない。

「マスクで口呼吸」の弊害 免疫力低下、扁桃腺炎…認知症を招くことも

☘ そうしないと2時間もすれば湿気の中でばい菌が充満するため、乾燥時に拡散するのを防ぐ必要があると聞きます。

10
マスク着用による老化現象の促進 マスク着用により 肌に摩擦が起こり、肌荒れがしやすくなったり、肌の乾燥が進みシミやシワが増えてしまうことが考えられます。