オリンピック中止の場合の損害。 東京オリンピックが延期もしくは中止となった場合の影響、日本の財政の悪化が意識される事態にも(久保田博幸)

東京五輪が中止の場合、日本がIOCに賠償金を払う必要があるのか?

🙃 日本だって損害賠償を自分から払いにいくわけはない。 五輪中止で損害が出た場合、責任を負うのは日本側だ。

19
中止ならば アメリカのテレビ局の放送権料を補填しなければならない• ニュース — hiko66 鬼滅の豆まき hiko66 しかし安心できるのは、オリンピック中止になった場合に備えて保険がかけられていることです。

東京オリンピックが延期もしくは中止となった場合の影響、日本の財政の悪化が意識される事態にも(久保田博幸)

🤙 (参考) 9.IOCに対する請求の補償と権利放棄 (一部抜粋・要約) 開催都市、JOC、大会組織委員会は、IOCとIOCの子会社、その他IOC関係者を、 IOCが被るすべての損害、申し立て、訴訟、損失、費用、支出、および/またはあらゆる性質の責任から、 常に補償し、防御し、かつ害が及ばないようにし、また免責する。

2
1940年の夏季大会は代替地のヘルシンキで開催されることになったが、第2次大戦のため開催できなかった。

東京オリンピック中止の賠償金を試算!辞退・返上の違約金やペナルティについても

⚛ 「日本の国民の皆さんがオリンピックができないという思いが80%を超えている。 国内の大会関係者が気をもむのが、国際オリンピック委員会(IOC)から日本側に突き付けられる可能性のある賠償金の請求だ。 中止という判断もありうるでしょう」。

9
まるで人の弱みに付け込んでカネを要求するマフィアのような行為だと思いますが、IOCのボッタクリぶりを国際世論に訴えるのがいいと思います。

東京五輪中止の損害は最大約4兆円?意地でも中止したくない理由2つ

👆 オリンピック精神というのは、言わば3密を礼賛しているわけです。 保険会社 最後に、保険にも触れておく必要がある。

「できない競技は必然的にありえます。 それぞれを明確に突き止めることはできませんが、によれば、 項目 金額 IOC負担金 850億円 TOPスポンサー 560億円 国内スポンサー 3480億円 ライセンシング 140億円 チケット売上 900億円 その他 370億円 収入合計 6300億円 このようになっています。

オリンピック中止した場合の損害は、4兆円ですか?そのあと財政破綻をむか...

✇ しかし、あくまでも IOCは賠償請求の権利を持っているため、可能性がゼロだとは言い切れません。 米紙ワシントン・ポスト(電子版)のコラムで、五輪開催都市から巨費を搾取する姿を「ぼったくり男爵」と痛烈に批判されたIOCのバッハ会長は「安心安全な大会実現と開催国への連帯を示す新たな方策」との声明を出したが、世論の逆風は収まらないままだ。

20
2021年7月23日から開催予定の 東京五輪・パラリンピックについて、中止を求める声が高まっている。

東京五輪中止の損害は最大約4兆円?意地でも中止したくない理由2つ

😆 この契約ですが、結構とんでもない代物です。 都民のみなさん国民みなさんの納得いただけるようなかたちで、開催できるように進めていきたいと思っています」 スポーツライターの小林信也氏は、この小池都知事の意気込みをバッサリと切り捨てる。

6
開催都市にこれだけ重荷を背負わせて、 よく今までオリンピックやってこられたな~と思ってしまいますね。

中止ならば大損害。判明した東京五輪「契約条件」と最悪シナリオ(MAG2 NEWS)

🤲 そして オリンピックが中止になった場合でも発生する お金(賠償金)があるようです。 開催取り消しにより生じる損害に対する IOC の賠償請求権は保証される。

IOCの公式資料によると、2013~2016年のIOC財源のうち、73%を放送権が占め、総額は41億57000万ドル(約4500億円)に達した。 少なくとも収入として計上されている6300億円は賠償の対象となりますし、恒久施設費用などを含めれば1兆3500億円が賠償の対象になるでしょう。

東京五輪が中止の場合、日本がIOCに賠償金を払う必要があるのか?

🤫 しかし現状で中止にせずに開催した場合でも、観光客の来日が見込めなかったり、無観客にしたりと損失があるのは否めませんね。 コロナ以前に国土省が発表した報告書によると、東京オリンピック・パラリンピックの観客およびスタッフ数は約1,000万人と見込まれていた。

4
東京オリンピック・パラリンピックが1年間延期されたときの経済的損失については、競技場や選手村などの施設の1年間の維持・修理・管理の費用として約225億円、大会に関係する各種スポーツ団体が五輪に合わせて再び準備する1年間の必要経費となる約3,900億円などを合計して約4,225億円と試算。 大会延期にかかる諸費用の約4,225億円と、1年間の大会延期で失われる経済効果の約2,183億円を合計し、東京大会が1年間延期されたときの経済的損失の総計額は約6,408億円とした。