トシ ヨシハラ。 中国海洋戦略研究の権威 トシ・ヨシハラ インタビュー 米中関係の歴史的な激変

海上自衛隊を圧倒し始めた中国海軍が開戦へようそろ バイデン新政権の誕生で日本の安全保障上すべきこと(1/5)

🖐 Maritime Strategy Naval Institute Press, 2010 James R. これは尖閣諸島に対してももちろん投入される。

ヨシハラ 中国側がこれまで経験したことのない積極的な対応というのが最大特徴です。

いつでも自由に尖閣に近づける状態にしたい中国 米海軍大学教授、トシ・ヨシハラ氏に聞く中国の狙い(1/3)

🤝 そうした研究実績を有するヨシハラ氏に中国の今回の海警法施行についての見解を問うてみた。 自由にコメントをお願い致します。

中国海軍はさらに近海哨戒用の小型軍艦コルベットを大量に建造している。 ・トランプ政権が昨年12月に発表した国家安全保障戦略は、中国が軍事力や経済力でアメリカ主導のいまの国際秩序を壊し、米側の利益や価値観に反する新たな世界を作ろうとしている、という認識を明記。

我が国日本が対中優勢を保つためには海軍戦略の原則を打ち立てるべき

🚒 タフツ大(マサチューセッツ州)で博士号を得た後、米海軍大教授を務め海洋戦略の第一人者に。 【トシ・ヨシハラ教授に関する注目すべき論文】 Martin N. 米海軍大学校の教授、同校付属の中国海洋研究所の主任研究員を2017年まで10年余、務めた。 中国海軍と中国海警の両方が徐々に、目立たないように、その存在感を高め、活動を進めています。

ヨシハラ氏といえば海軍大学校の教授を長年務め、いまはワシントンの安全保障研究の大手機関 「」(CSBA)の上級研究員である。

米海大ナウ!

🐾 国際戦略研究所(IISS)が2018年5月に発表した分析によると、2015年から2017年の間に中国が建造した艦艇の総排水量は約40万トンに達し、米国の約2倍に相当する規模となっている。 中国海軍は、非対称なゲリラ戦略を採り、遠征能力を有した外洋海軍となって、縦深防御の作戦を採ろうとしている。

18
日本研究賞は平成26年から政治、経済、安全保障、社会、歴史、文化の各分野で日本への理解を増進する優れた研究成果を顕彰しており、今年で8回目。 いずれも強固な対中政策を主張してきた専門家たちです。

中国海軍の脅威、トシ・ヨシハラ博士の「中国の日本の海軍力観」 投稿日時: 2020/06/15 15:40[フィスコ]

👣 オバマ政権では考えられなかった対応です」。 米欧のアナリストは、中国海軍が現在、約400隻の水上艦艇と潜水艦を保有すると指摘。

日本の主権の一部を武力で奪われるという事態が目の前に迫っているのに、文字通りの右往左往なのだ。 316 人権• 北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。

海上自衛隊を圧倒し始めた中国海軍が開戦へようそろ バイデン新政権の誕生で日本の安全保障上すべきこと(1/5)

📲 8 人種問題• 114• ここでは鋼構造物工事のひとつである屋外広告工事について解説します。 中国側も有事にはスプラットレー諸島の防御を強化します。 070. 北朝鮮問題でも、中国内部の人権問題でも挑戦する。

15
米側では軍事作戦の観点からの議論として、南シナ海の中国の軍事施設はいざとなれば米軍の巡航ミサイルで除去できるので、あまり心配する必要はないという主張もあります。 ・もっとも有効なのは水平的エスカレーション。

このままだと尖閣諸島は奪われる

🤜 () ヨシハラ博士(左)と 幹部学校長吉田海将(右) このたびの来校は、防衛研究所の主催で開催された研究会(テーマ: 中国における対艦ミサイルをめぐる論争 -歴史的教訓、地域的動向を踏まえたミサイル戦術の発展-)に出席され、その後、当校にお越し頂く機会を得たものです。 米海軍大学校の教授、同校付属の中国海洋研究所の主任研究員を2017年まで10年余、務めた。 海軍戦略としては合理的と言えます。

1
これは天安門事件をアメリカ政府が改めて机上に載せたということです。

我が国日本が対中優勢を保つためには海軍戦略の原則を打ち立てるべき

♨ アメリカワシントンDCに戦略予算評価センター(CSBA : Center for Strategic and Budget Assessments)という国防問題を中心に扱う調査研究機関がある。 橋梁は河川などで分断された地域をつないで交流を生み、人々の生活をより豊かにするために欠かせません。 中国の挑戦を認識し、海軍力のバランスを回復するために迅速に行動することを求める。

17
000 総記• しかし私はその主張は生産的ではないと思う。

対中抑止へ戦力見直し「時間少ない」 日本研究賞受賞のトシ・ヨシハラさん

♥ 日本を「宿命的な敵」とみなし軍備拡張する中国を抑止するため、「日米に残された戦力見直しの時間は少ない」と説く。

11
340 360• 中国は南シナ海を自国の前庭とみて、そこでの利益を守るための防衛メカニズムを保つ必要を感じているのでしょう。 米海軍大学の研究によると、その数は2030年までに530隻以上になると予想している。