歴代 大関。 優勝経験のない歴代大関の中で名大関と呼べる力士は誰を思い浮かべ...

歴代大関

💔 3ランクのカテゴリ分けについては色々あると思いますが、 今回の方法ではこのような評価に成りました。

16
3例目の栃ノ海と栃光、5例目の輪島と貴ノ花、6例目の若三杉と魁傑(再)は同時昇進。

歴史上「最強の大関」は誰なのか。1位は若貴とも戦ったあの力士。

🙃 3場所33勝 まずは基準の直近3場所33勝だった大関たちです。 (平成18年)7月場所を終えた元大関・は直前3場所を全て三役の地位で10勝-14勝(優勝同点)-10勝の計34勝と、大関再昇進に適う星取であった。 実は、12勝を4回という条件を満たしている力士は、33人の大関中10人しかいない。

10
「のものも」2級1. そこで、私はこの議論について一つの見解を示したい。 一番弱い横綱はやっぱり一度も優勝経験のない双羽黒でしょう。

沿革|企業情報|大関株式会社

⌚ 太字・四股名は横綱・大関の新昇進、 下線・四股名の武双山は大関再昇進。

12
しかし次の3月場所を終え、関脇で直前3場所を10勝-11勝-13勝(優勝同点)の計34勝を挙げ、同場所で優勝決定戦に進出したことが評価されてようやく大関昇進を果たす。

大関陥落力士一覧

😈 当時は横綱の休場、引退が相次ぎ、世代交代の時期に入っていたことが背景にある。

10
太字の力士は、2021年3月場所現在、現役力士である。 (平成30年)5月場所を終えたは昇進3場所前は平幕だったが、この場所を含め直前3場所を14勝(優勝)-10勝-13勝の合計37勝を挙げた好成績が高く加味され、文句なしで大関昇進した。

歴史上「最強の大関」は誰なのか。1位は若貴とも戦ったあの力士。(2/4)

👊 阿武咲はまだ、対策されて止まるところまでは経験してないか。

14
成績の推移をみると、優勝争いに加わる周期と クンロクの周期を繰り返している。

史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編

🐾 四股名の横に*のついている力士は年6場所制以前の初土俵力士である。 以降は基本的にクンロク。 そもそも優勝争いに加わるのは相撲人生の中でも 1度か、多くて2度。

前回から、歴代大関の中で史上最強は誰か? というテーマを取り上げている。 ほかにこの時期に旧目安を満たした力士はがいるが(1992年(平成4年)3月場所を終え、直前3場所を全て小結の地位で10勝-8勝-12勝(優勝次点)の計30勝)、やはり大関昇進は果たせていない。

大関陥落力士一覧

😋 ・現役を引退していること。 12勝以上は5回。 また、 「関脇で連続三場所の安定した好成績」といわれることもあります。

3場所前はまだ前頭だった照ノ富士ですが、2場所前で優勝次点、昇進を決めた場所で優勝というように短期間でグッと昇進を決めたことが分かります。 雅山や把瑠都って十両まで落ちたんですね。

歴史上「最強の大関」は誰なのか。1位は若貴とも戦ったあの力士。(2/4)

🍀 次に、優劣を判断する上で大関を以下の3ランクに分類した。 鳴尾浜配送センター稼働。

13
1979年 10月 電算機オンライン化。