カーン 対 パリ sg。 元ドイツ代表守護神カーンがCL敗退のパリSGへ“金言”「カネでメンタリティーは買えない」

バイエルン対パリSGが実現 CL準々決勝&準決勝の組み合わせ決定

☺ Adrien Rabiot 👀 — Ray Hamill FinerMargins 欧州5大リーグのセントラルMFを対象とした、18-19シーズンの「ボール前進」チャート。

17
2014-15シーズンはとの開幕戦に引き分けると、やといった格下相手に引き分けて勝ち点を取り零す不安定な戦いが続いた。 26 2014, 2015, 2016 - 2015, 2016 2014, 2015, 2016 2013, 2014, 2015 - - - - - 2016. ビッグゲームでこそ、その力を発揮するベテラン選手たちを先発起用しなかった指揮官の判断に疑問を呈していた。

パリ・サンジェルマンFC

🐝 ペップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティが、49. CLでもグループステージではネイマールが最初の3試合出場停止 、エムバペも欠場だったにもかかわらずレアル・マドリードにホームで3-0の勝利、復帰後もアウェーで2-2と互角に渡り合い、首位通過を果たした。 ドリブルでのボール前進に着目すると、PSGのアドリアン・ラビオが圧倒的だ。

彼らがレアル・マドリーからクリスティアーノ・ロナウドを獲得したことも、攻撃的なチームを構成する一環と言えるだろう。

元ドイツ代表守護神カーンがCL敗退のパリSGへ“金言”「カネでメンタリティーは買えない」

👊 エメリはメガクラブを率いるのに適していない」 仏紙が、そのカネに物を言わせただけの補強を批判したことに同調するかのように、パリSGに物申したのは、元ドイツ代表GKのオリバー・カーンだ。 2009-10シーズンにはで優勝し、初のメジャータイトルを獲得した。 「もちろん戦術的な問題だよ。

6
さらに、期限付き移籍で、、が加入した。 私は彼らが単に恐れながらプレーしているようにしか見えなかった。

「相手をエスコートしていた」カーン氏がパリSGに完敗のバイエルンを痛烈批判

♻ グループステージのシティ戦では、フェルナンジーニョを取り囲むような陣形でポゼッションを妨害。 1994年には IFFHS の1位に選出され、1998年にはUEFAクラブランキングで1位となった。

14
両クラブは(マルセイユ)と PSG という世界クラスのスタジアムを持ち、白熱した雰囲気や熱烈なサポーターを持つことで名高い。 彼の下でのパリは進歩がない。

パリ・サンジェルマンFC

🖖 95と高い水準を保っており、ロナウドが決定的な仕事をする局面を整えている。

Goal. CLでもグループステージではネイマールが最初の3試合出場停止 、エムバペも欠場だったにもかかわらずレアル・マドリードにホームで3-0の勝利、復帰後もアウェーで2-2と互角に渡り合い、首位通過を果たした。

バイエルン対パリSGが実現 CL準々決勝&準決勝の組み合わせ決定

😈 2016年3月13日、4年連続6度目のリーグ優勝が決まり、史上最速優勝であった。 2000年代前半に獲得したタイトルはわずかひとつ(2003-04シーズンのクープ・ドゥ・フランス)。

12
12 - - - - - - - - - - - - アンリ・パトレイユ 1971. CL制覇はパリSGにとっての悲願。