天内 理子。 【呪術廻戦】天内理子(あまないりこ)の切なすぎる最期!本当は一緒に帰りたかった?理子を撃った犯人とは?

【ネタバレ注意】ファンブック考察②天内理子は生きていた??星漿体の真実とは【呪術廻戦】

✔ 天元の能力とは? 天元の能力は現在判明だけで呪術高専サイド全体をサポートする能力だ。

普通の人間のようにただ老いるだけなら問題ありませんが、一定の老化を終えると術式によって身体が作り変えられ、より高次の存在に進化してしまいます。 この時の天内理子の死がそもそも無駄なものだった・・・という展開にならない事を願うばかりです。

【ネタバレ注意】ファンブック考察②天内理子は生きていた??星漿体の真実とは【呪術廻戦】

⌛ 一方、人間は悪意の塊。

【挫折と嫉妬】 では、そんな選民思想に塗れていた夏油がなぜ今までは闇落ちしなかったのだろうか? 考えられるのは、 「圧倒的な強者である自分が、非術師を守ってやっている」という状況に、彼の 選民としての自負が満たされていたということだろう。

【呪術廻戦】天内理子がかわいいけど悲しき天元の器?本心や結末などを詳しく紹介!

😅 謎の巨大な神木が確認できますが、天元はそこに更に特殊な結界を張って潜んでる。 つまり、夏油傑は少なくとも高専に入学し、自身が取り込める呪霊の範囲を把握した時には、既に 誰にも心を開いていなかったことになる。

important; border-color: 0ad8c4! 無事天内理子の護衛を達成し、東京に戻ってきた一行。 そして時の器の会の表向きの目的は一旦、達成されたが、本来の目的である新しい肉体と言う部分において「安定している」と断言している。

天内理子と五条悟の関係は?美少女とイケメン高専生!

🖐 そのため、 一定以上の老化を終えると、術式が肉体を創り変えようとします。 夏油が「帰ろう、理子ちゃん」と手を伸ばした瞬間、天内が銃で撃ち抜かれる。

17
天内の暗殺を依頼した団体は盤星教「時の器の会」という非呪術師によって結成された天元を信仰崇拝する宗教団体です。 そして夏油も伏黒甚爾に敗北。

【呪術廻戦】72話のネタバレ|天内理子が死亡|マンガノジカン

🙏 今まで気丈に振舞っていた日々を思い出し、話し始める天内。 術式: 術式は無いが、星漿体を守るための基本的な呪力の扱いや体術は身につけている• と、なれば、それまでの夏油は作中の言動通り、本気で非術師を守ろうとしており、五条達にも元々はちゃんと心を開いていたと考えて何の矛盾も発生しない。 性格は明るく男勝りで、五条悟を殴る場面もありました。

第78話『玉折ー参ー』の感想等々。 そのような教えを持つ団体なのです。

呪術廻戦144話で釘崎死亡確定へ、禪院真希ショートカット&天元の姿が公開【最新ネタバレ】

☣ 「ゆとり極まれりだな」と五条が言うと、夏油は「そう言うな悟」「ああは言っていたが同化後彼女は天元様として高専最下層結界の基となる」「友人、家族、大切な人達とはもう会えなくなるんだ」「好きにさせよう、それが私達の任務だ」と言う。 星漿体と天元との同化が完了すれば、進化せずに術式は初期化。 天内はまだ年端もいかない少女で、人懐っこい性格です。

夏油が「私達は最強なんだ」「理子ちゃんがどんな選択をしようと、君の未来は私達が保障する」と言うと、天内は「私は、生まれた時からずっと星漿体で、皆とは違うって言われ続けて、私にとっては星漿体が普通で危ないことはなるべく避けてこの日のために生きてきた」「お母さんとお父さんがいなくなった時のことは覚えてないの、もう悲しくも寂しくもない」「だから同化で皆と離れ離れになっても大丈夫って思ってた」「どんなに辛くたって、いつか悲しくも寂しくもなくなるって」「・・・でもっ、でもやっぱり、もっと皆と・・・一緒にいたい」「もっと皆と色んな所に行って、色んな物を見て・・・もっと!」と涙を流していく。 暴走しないために、別の手段を考えている可能性はゼロではありません。

【ネタバレ注意】ファンブック考察②天内理子は生きていた??星漿体の真実とは【呪術廻戦】

💋 そんな中で夏油が理子の意見を尊重し、止めたかったら止めればいい、という発言を受け、本心がこぼれました。 しかし このときなぜか天元はいつも通り安定していました。 単に年齢設定をきちんとしていなかっただけなのか、それとも・・・? ちなみに単行本8巻の天内の紹介欄にも「多分中学2年生」とあります。

8
孔時雨(コンシウ)の手引で盤星教の依頼を快諾し、伏黒甚爾は天内理子の暗殺に動く。 肉体がつくり変わってしまう事が『進化』であり、意志を持たない高次の存在、最悪人類の敵へと変貌します。