臥薪嘗胆 意味。 【臥薪嘗胆】知っておきたい四字熟語|「臥薪嘗胆」の意味や例文を紹介

「臥薪嘗胆」の例文!小学生にでもわかりやすく短文で紹介!

💕 呉王闔閭は満を持してその都を攻めます。 ・復讐を誓って辛苦をする事で、目的を遂げる為には苦心や努力を積み重ねる。

13
臥薪嘗胆の類語、対義語 出典: 同じような言葉として使われるのが、汚名返上や名誉挽回といった言葉が一般的にも皆さんの生活でよく使われるのではないでしょうか? いずれも逆境の中努力をして、目的や成果を果たすという意味合いで使われます。

臥薪嘗胆【がしんしょうたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

🤩 一蹶不振 「一蹶不振 いっけつふしん 」は、失敗や挫折をして再起できないという意味で使われる言葉です。 2018年に行われた平昌オリンピック。

読み方 臥薪嘗胆 がしんしょうたん 意味 何かの目的のため、苦労や努力をすること 由来 復讐の気持ちを忘れないよう、古代中国の王がとった行動から 類義語 堅忍不抜、捲土重来、漆身呑炭など 対義語 一蹶不振、再起不能など 英語訳 perseverance,enduranceなど 「臥薪嘗胆」は、目的のために辛い努力を長時間続けることを後押ししてくれる言葉です。

臥薪嘗胆

♻ 「臥薪嘗胆」の例文を小学生にでもわかりやすく! ・あいつは嫌な上司だが、いつまでもこの部署にいるわけではないだろう。 そこまでの深い執着と事の成就はまさに 臥薪嘗胆に等しかった。 そんなある日、父の敵を心に固く誓った夫差に父を死に追いやった越王と戦うチャンスが訪れます。

4
闔呂のである夫差(ふさ)は、の仇を討つために薪の上に寝て、その痛みで復讐の志を忘れないようにし、三年後に会稽山で勾践を降伏させた。 目的はからだに痛みを感じることで片時も復讐を忘れないため。

臥薪嘗胆

🤣 「捲土重来を期す」は、再起を期待するときに使うのが一般的です。

死刑囚を軍の最前列に並ばせ、彼らに自ら首をはねさせたのです。

『臥薪嘗胆』の由来とは?あらすじを分かり易く簡単に解説!

😙 闔閭が出した課題は孫武に宮女を訓練させるというもの。 こういった、辛い思いを忘れないよう「薪に臥す(まきにふす)」、そして「肝を嘗める(きもをなめる)」ということで、「臥薪嘗胆」がうまれたのです。

9
例文3. 捲土重来を期す 「捲土重来 けんどちょうらい 」とは、一度失敗してもすごい勢いで盛り返すことを示す言葉です。 勾践は部下の進言に従って降伏した。

【臥薪嘗胆】知っておきたい四字熟語|「臥薪嘗胆」の意味や例文を紹介

♥ 「臥薪嘗胆」と意味が重なるため、単純に置き換えて使うことも可能です。 まさに彼女の金メダルは臥薪嘗胆の末に獲得できた素晴らしい成果だと言えるでしょう。 「けんどじゅうらい」と読まれることもあります。

18
臥薪嘗胆の思いでリハビリを続けてきたのが大きいと思う。 絶対にこの屈辱を忘れてなるものか 勾践は許されて、越に帰ってからも民衆と一緒に富国強兵に励みました。

「臥薪嘗胆」の例文!小学生にでもわかりやすく短文で紹介!

💖 四字熟語は、由来なども正しく知り、効果的に使いたいものですね。 伍子胥は楚の平王に父や兄を殺されました。

5
まもなく夫差は越に攻め込み、越王の軍を破った。