艦これss提督死亡。 提督「艦娘に死亡ドッキリ!?」青葉「そうです!」後編

時雨「おかえり、提督」

👇 少し寝不足なだけ……行きましょう、直ちに抜錨して哨戒にあたります」 加賀「ええ、少し、頭が痛いだけ。 もう少し足が速ければな」 大和「仕方ないわ。

4
どうもなにも、やれって言われたらやるだけでしょ」 熊野「あらあら、それなら良いのですけど。 前線に出るのは難しいかしら) 赤城(誤情報による敵部隊のかく乱。

【艦これ】大正義海軍提督のお話 : あやめ速報

☕ トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 もう何年になる?」 提督「うーん。 !」 提督「あれは嘘だよ、お前を残してあの世になんかいけないよ」 不知火「そ、それじゃあ. 「……静かね」 「ここの主がいないからね」 普段なら、皆揃ってこの食堂で夕食を食べている時間だ。

18
87 ID:4JX4bhLC0 ーガソリンスタンドー 提督「ここもボロボロだな・・やってんのかな?」 店員「ボロボロで悪かったね」 提督「あ、いや〜なんというか・・そう!味があっていいよね!」 店員「まぁ、別に気にしてないからボロボロでいいじゃない」 提督「すみません・・」 店員「謝らないでよ。

【艦これ・白露】提督「えっ俺死ぬの?」【安価SS】

😅 そんな事より、提督がどこにもいない。 56 ID:mnepNzgr0 北上「あっ、戻って来た」 大井「……」 天龍「死人……?」 翔鶴「どうでした? 低かったんですか? 大丈夫ですよ、大井さんには北上さんがいます。

3
立ち話もなんだから、と隣に座るように薦めた彼女は、少し間を置いて僕に話しかけて来た。

【艦これ】大正義海軍提督のお話 : あやめ速報

😈 仲間の『死』に向き合う時間を設けた方が良い、と判断しての事だった。 曙「・・・・・・」ワナワナ 曙「・・・いや・・・いやよ・・・」ブルブル 曙「そんな・・・嘘よね?」ガクガク 曙「私・・・本当は提督のこと・・・大好きなのに・・・」ウルウル 曙「・・・・・・」グスッ 曙「い、いかないで・・・私を嫌いにならないでよおおぉ、見捨てないでええぇぇ・・・!」ジワ 曙「いやああああああぁぁぁぁ!」ボロボロ 提督「ふうー、さて食堂に向かうとするか」テクテク 提督「しかし曙がまさかああまでなるとは・・・」 提督「うん?待てよ?いまの要領で艦娘に接すれば俺にちょっかいを引っかけてくるやつが減るんじゃ・・・」 提督「・・・・・・」ニヤ 提督「ふっ、ふはは、ふははははははは!なんだ簡単なことじゃないか・・・まあいい、とりあえず飯を食べてからだな、ククク」 スタスタスタスタ. では、また後で』 提督「ああ……全艦隊、こちら提督だ。

6
どれだけ好かれているか、自覚が薄いんですから) 鳳翔(本当に通信が傍受されているのなら、敵の動きも早いでしょう。

【艦これ・白露】提督「えっ俺死ぬの?」【安価SS】

⌚ そこで艦娘の目の前で、死刑宣言を行った上で連行する」 元帥「でるね、本音が。

10
加賀「雪風……!!」ギリギリ 雪風「ひぅっ」 翔鶴「加賀さん、八つ当たりはダメですよ?」ニコニコ 2 翔鶴 36 加賀 加賀「くっ……!」 夕立「くじ引きって後の方が有利っぽい! 最初で当たる確率は低いっぽい! 最初に引く人達は捨て駒っぽい?」 千代「あっ!」 夕張「あちゃぁー……」 加賀「ぷっ……あら? ごめんなさい、捨て駒さん。

【卯月SS】提督「艦娘に冷たくした結果www」【艦これ】

😘 そのお陰で、一人ひとりが自分なりにその現実を乗り越えて、自分がこれからどうすればいいのか考えることが出来た。

」ペタリ 私は思わず尻餅をついてしまった。 提督「艦娘の目の前で死ね。

【艦これ・白露】提督「えっ俺死ぬの?」【安価SS】

🤪 睦月は戻ってくるときに弾の補充ありったけ頼む。 任務を言い渡す!返事は」 提督「はい・・・」 元帥「もっと大きく言わんか!」 提督「はい!!」 元帥「今日のヒトナナマルマルに監査官をそちらへやる。

彼の頭は車のタイヤに巻き込まれて、原形を留めていなかった• また、トリップを使用することができます。 アイオワ、ビスマルク、伊勢、ローマは護衛艦とともに包囲を維持したまま扶桑の穴を埋めるよう時計回りに移動!」 長門「提督! ここは任せた! 長門、抜錨する!」 大淀「後方にいる艦娘達への装備換装、抜錨も完了しました。

提督「艦娘に死亡ドッキリ!?」青葉「そうです!」後編

😇 姫はほとんど倒せず、鬼も半分残して逃がすか……ここまでか……」 提督「すまん遅れた! 長門、今すぐ抜錨しろ。 一度完結させてから勉強して最初からリメイクして書き直そうと思います 此処まで見てくれた方はありがとうございます。 」 私はなんとか現実から目を逸らそうとした。

7
77 ID:2Z7RriEM0 提督「白露型1番艦の白露だったか」 妖精「あのいっちばーんとやかましい女か」 提督「ん?待てよ……白露は確か俺に常々敵意の視線を向けていた。 「……そう言えば、あの時だよね。