お 気楽 領主 の 楽しい 領地 防衛。 読書馬鹿が選んだ小説家になろうおすすめ領主・生産系作品

読書馬鹿が選んだ小説家になろうおすすめ領主・生産系作品

🤙 ティルを見て笑っていると、ランゴは更に小さな革袋を差し出してきた。 ティルはアワアワしながら受け取り「ひゃあぁぁ……」と、変な声を出していた。

2
久しぶりの再会だ。 「こちらが、王都でも最新最先端のものとなります」 そう言って取り出されたのは、なんと四角い箱のような物が取り付けられた大型の弩である。

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

🐝 そう思っていた矢先、彼は帰ってきた。 「あ、そうだ。 ヴァン様へお渡しする分には一切手を付けていません。

16
箱の横にはグリップがあり、上下に動かすと弩はガチャリと音を立てて弓の部分が引かれる。 だが、ランゴは不敵に笑い、口を開く。

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

👎 三階部分にベランダがあり、そこから通路が設けられていて防壁の上に行けるのだ。 「ヴァン様、白金貨百三十枚より喜んでる……」 「良かったですねぇ、ヴァン様」 「ヴァン様、僕にも一回……!」 色々と声が聞こえてくるが、僕の頭の中は連射式バリスタでいっぱいである。

19
「最大で十連射が可能な連射式機械弓という代物です。 僕が預けた馬車と、更に追加で購入したらしい大型の馬車が二台だけだ。

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

💔 中心の大型の馬車の御者がランゴのようだ。 更に宝クジ当選が止まらない。

12
不毛の荒野に辿り着いたルークだったが、そこで謎のギフト『村づくり』が発動し、あっという間に村ができあがってしまう。

俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた 【WEB版】

⚒ うむむ。

16
でも、ドラゴンの襲来はもう嫌です。 様々な部分で幼児とは思えない行動を見せ、一時期は神童と噂されるヴァン。

読書馬鹿が選んだ小説家になろうおすすめ領主・生産系作品

🤐 白金貨百三十枚です。 興奮する僕を見て笑い、ランゴは弩を構え、森の方へ向けた。 聞きたいことはいっぱいある」 「はい」 ティルとアルテが返事をして付いてくる。

2
これが無数にならんだ姿を想像するだけで楽しい。

『'お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜'』の詳細情報(N8733GF)

😊 楽しい。

14
何故か、少し歩く速度の速いエスパーダとディーの姿もある。 どうか、宜しくお願いします」 「うわぁ、ありがとう。