抱か ない あなた と 抱 かれ たい 私。 義母・亜紀子…そして

島崎藤村 夜明け前 第一部上

✊ 東海道の沿岸に住む多くの穢多の種族のやうに、朝鮮人、支那人、 露西亜 ( ロシア )人、または名も知らない島々から漂着したり帰化したりした異邦人の末とは違ひ、その血統は 古 ( むかし )の武士の 落人 ( おちうど )から 伝 ( つたは )つたもの、貧苦こそすれ、罪悪の為に穢れたやうな家族ではないと言ひ聞かせた。

20
下り坂の人は気の弱いもので、すこし郡視学に冷酷な 態度 ( やうす )が 顕 ( あらは )れると、もう妙に固くなつて思ふことを言ひかねる。 美濃方面から十曲峠に添うて、曲がりくねった山坂をよじ登って来るものは、高い峠の上の位置にこの 宿 ( しゅく )を見つける。

島崎藤村 夜明け前 第一部上

🤭 『お入り』と声をかけて、校長は 倚子 ( いす )を離れた。 『小学校令の施行規則を出して御覧なさい。

17
も一度武男の 目前 ( まえ )で言ってごらんなさい。

義母・亜紀子…そして

👀 ところが隣村の 湯舟沢 ( ゆぶねざわ )の方から抗議が出て、しまいには口論にまでなったことがある。

18
彼女の口の中の温みと温度で、半勃起状態だった 僕のものは見る間に蘇生し硬度を増していました。

徳冨蘆花 小説 不如帰

🔥 肌 ( はだ )脱ぎになって背中に流れる汗をふく人足たちもあった。

16
僕が何を求めているのかを義母は気づいたのか、 顔をまた朱色に染めて狼狽の表情を大きくしました。 こは武男が 従兄 ( いとこ )に当たる 千々岩安彦 ( ちぢわやすひこ )とて、当時参謀本部の下僚におれど、腕ききの聞こえある男なり。

義母・亜紀子…そして

🐾 そんなこといって」 「ああ…あ、あなたが…いえと」 「学校の教科書にそんな言葉載ってるの? 正直で、しかも友達思ひの銀之助は、直に丑松の顔色を見て取つた。 』 『恐れ入りましたなあ。 』 『無論です、そんなことは。

「ああっ…ま、また…ああ」 両手で布団をむしり掴み、頤を高く突き上げるように して義母は熱い喘ぎの声を洩らしました。

與謝野晶子 晶子詩篇全集

🖖 「たった二日なのに…寂しかったよ」 義母が焼いてくれた卵焼きを口に運び、熱いコーヒ ーを啜りながら、僕は義母の顔を見ずに呟くようにい いました。 そして彼女は車の降り際に、 「ねぇ、お母さん、今日の服装妙に違ってたと思 わない? 急に校長は椅子を離れて、用事ありげに立上つた。

10
しかしそれらは普通の場合である。 そのかわり、吉左衛門さん、ごちそうは何もありませんよ。

義母・亜紀子…そして

🤘 しかし金兵衛の言うとおり、あの時の大通行は全く文字どおり前代未聞の事と言ってよかった。

2
そうすることが義母の、僕へのつたない奉仕の気 持ちの表示なのかも知れませんでした。 丑松は文平の 瀟洒 ( こざつぱり )とした 風采 ( なりふり )を見て、別に其を羨む気にもならなかつた。

與謝野晶子 晶子詩篇全集

♨ 福島の馬市からの 戻 ( もど )りと見えて、青毛の親馬のほかに、当歳らしい一匹の子馬をもそのあとに連れている。 福島からは三人の役人が出張してそれを伝えた。 悉皆 ( すつかり )下宿の払ひを済まし、車さへ来れば直に出掛けられるばかりに用意して、さて巻煙草に火を点けた時は、言ふに言はれぬ愉快を感ずるのであつた。

17
千々岩は早くこの将軍の隠然として天下に重き勢力を見ぬきたれば、いささかの 便 ( たより )を求めて次第に近寄り、如才なく奥にも取り入りつ。 前庭の上段には、福島から来た役人の年寄、用人、 書役 ( かきやく )などが居並んで、そのわきには足軽が四人も控えた。

與謝野晶子 晶子詩篇全集

🌏 長い間にこの木曾路に起こって来た変化は、いくらかずつでも 嶮岨 ( けんそ )な山坂の多いところを歩きよくした。 見れば郡視学の 甥 ( をひ )といふ勝野文平、灰色の壁に 倚凭 ( よりかゝ )つて、銀之助と二人並んで話して居る様子。

その時の僕自身にも、急激に昂まった興奮を抑制 する力が失せてしまっていました。