そして バトン は 渡 され た 文庫。 『そして、バトンは渡された (文春文庫)』(瀬尾まいこ)の感想(558レビュー)

『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ

❤️ 自分より大事なものがあるのは幸せだし、自分のためにはできないことも子どものためならできる」 森宮さんはきっぱりと穏やかに言った。 料理が得意? スイーツも大好き。 その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない「父「」と暮らしています。

2
これによって、「そして、バトンは渡された」というタイトルに作者が込めた想いと作品の主題が鮮明に伝わってきました。

文春文庫『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ

🤣 容姿や名前についても触れられていない。 17歳の優子には、父親が三人、母親が二人いる。 「あなたは愛されないで育ったから…」 その言葉を思い出すと、今でも涙が溢れてしまいます。

12
著者の瀬尾さんも「こういう気持ちになるような話が書きたかった、と思える小説になりました」とおっしゃり、女優の上白石萌音さんには「これから先、人生の大切な節目を迎えるたびに、わたしはこの本を読み返すだろう」と言わしめた傑作小説です。 とても素敵なセリフだった。

【書評】そして、バトンは渡された|わかばやし@noteに集中|note

💅 人生を何度も経験したような、おばあちゃんのような『まぁ仕方ない、まぁこんなもんだ』という考え方が一線ひいているように見える。 本来そろそろ映画化発表ニュースが流れてもいいのに 何故未だグズグズしているのか それは、これが映画化がとても難しい作品だからである 17歳の時点で母親2人、父親3人、名字は4回変わったけど 「困った。 手と手がつながれていく光景、新しい幸せの始まり…。

1
小学4年生になるときにあることがキッカケで、優子と離れることになります。

そして、バトンは渡されたの通販/瀬尾まいこ 文春文庫

😄 周りから見れば、これは本当に不幸なこだと思いえるかも知れません。 親子ってなんだろう、家族ってなんだろうと考えずにはいられない今こそ読むべき一冊ではないかと思う。 投稿者: きみぼー - こんな子いるかな~? と思える主人公、優子はどこか達観した考えを持つ女の子。

8
まるで、自分が判断を誤ったかのように。

『そして、バトンは渡された (文春文庫)』(瀬尾まいこ)の感想(558レビュー)

😒 高校生の優子と回想シーンで、過去の生い立ちを巡るのが第一章です。

1
やっぱり映画化は無理かな。

映画『そして、バトンは渡された』オフィシャルサイト

📞 血の繋がりはないものの愛情に溢れた家族の姿を描き、様々な幸せのかたちをみせてくれる作品。 今まで挑戦したことのない役どころでしたが、お母さんのためにも自分のためにも絶対にやりたい作品だと思いました。 (北海道・コーチャンフォーグループ運動公園通り店・山田倫子さん)• それは、第一章、P197に出てくる一文です。

8
血の繋がらない親の間をリレーされながらも、出逢う家族皆に愛情をいっぱい注がれてきた彼女自身が伴侶を持つ時、一体、どのような夫婦が形成されるのでしょうか?ぜひ、多くの方に読んでいただきたい名作です! 紙の本 こんな子いるかな~。 みなさんこんにちは、オオハシです。