務める 例文。 「社業」の使い方や意味・例文

「努める」「勤める」「務める」の意味の違いと使い分けを解説

🤝 彼は30年 勤めた後、その会社を退職した。 スポンサーリンク 努める・勤める・務めるの使い分け 以上の事から考えますと、それぞれの使い分けは次のように定義することができます。 また形式的な表現にもなるため、仕事や公的な場などで 「任されている」とアピールするためにも用いられます。

5
結婚式の進行役を 務める。

「要職を務める」の用例・例文集

✇ 「努める」の送り仮名は「める」 「努める」の送り仮名は「める」です。 彼は定年まで大過なく 勤めあげた。 【勤めるの例文】• 勉める-勉強に励む・無理しても頑張る *努める・勉めるは同じ意味なのでどちらを使っても大丈夫です。

13
倫理的には道徳上行うべき櫃減のことであり、法的には人に課せられる拘束を意味します。

「務める」の意味とは?勤める・努めるとの違いや敬語表現も解説

😊 また仏道に励むという意味もあります。 「努める」の意味 「努める」とは 努めるとは、 努力して物事を行うことや、無理をして堪えることを意味しています。

8
「業務」とは、「職業において継続して行う仕事」のことです。 戦後は小林一三についで戦災復興院の第2代総裁、建設院総務長官などを歴任。

「務める」の敬語表現・務めるの使い方と例文・別の敬語表現例

👍 「担う」の意味とは? 意味は「物を肩に載せてかつぐ」 「担う」と言う言葉は、2つの意味を持っています。

16
つまり、「努める」や「勤める」が状況や状態の意味合いを含むのに対して、「努める」は具体的に行動を起こしているという意味合いが特に強い言葉です。 「務める」と「勤める」はとても混同されやすいので注意が必要です。

務めるや努めるの違いと使い分け方は?勤めると勉めるも!

🙃 「務める」と書くべき所に「勤める」が使われ、また逆の使われ方も多々あったようです。 「但」」は「ただ」や「いたずらに」など、「担」とは異なる意味を持つ漢字であるため、書き間違いに注意しましょう。

18
熟語は「義務」「業務」「労務」など 「務」を使った熟語は「会務」や「医務室」などたくさんありますが、ここでは主にビジネスで使われる熟語を例にとり解説します。 務める-役割・任務・責任を果たす• 「勉める」と「努める」の違い 「力をだしてがんばる」という意味の「勉」。

努めるの意味と使い方!勤める・務める・勉めるとはどう使い分けるの?

😘 公文書や新聞、雑誌などで使う漢字の目安を常用漢字といいます。

5
むしろ使い分けが厄介なのは、「仕事に就いている」ことを表現する「務める」と「勤める」の方です。

努める・勤める・務めるの意味の違いや使い分け【例文・類語】

💕 また、場合によっては「 無理したり我慢したりして行う」という意味もあります。 対して、「務める」の方は職場ではなく、その時々の状況で与えられる役割に対して使われる言葉となります。 「勤める」の使い方 上述の「務める」が自分の立場や役割を表現するのと異なり、「勤める」は「企業や組織の中に自分がいる」というイメージで考えると、意味が分かりやすくなります。

20
まとめ 「担う」とは、「物を肩に載せてかつぐ」「自分の責任として役割や物事を引き受ける」の2つの意味を持つ言葉。 「矛」は、困難を排して進むほこ。

務めるや努めるの違いと使い分け方は?勤めると勉めるも!

♥ 他にも「縁起を担ぐ」など、「縁起を気にして行動すること」を表す場合にも使う言葉です。

17
また、大学内外において次第に数々の要職を務めるようになった。