コスメティック アイーダ。 (株)コスメティック・アイーダ : 東京商工リサーチ

Case Study:株式会社コスメティック・アイーダ(ISO22716)

⚛ この2人が工場全体をONE TEAMとした。 東日本大震災である。

2
【工場ニュース】 CITE JAPAN 2019ご来場ありがとうございました 5月15日 水 ~17日(金)にパシフィコ横浜にて開催されました 「第9回化粧品産業技術展(CITE JAPAN 2019)」に出展し、 多くの皆様にご来場頂きました。 事業譲渡を計画 (株)コスメティック・アイーダ(TSR企業コード:350519340、法人番号:8021001025200、大和市中央林間5-20-5、設立1984(昭和59)年4月、資本金9050万円、神谷文夫社長)は2月2日、東京地裁に破産を申請し同日、保全管理命令を受けた。

Case Study:株式会社コスメティック・アイーダ(ISO22716)

♨ しかし、2020年3月期の年売上高は約12億6300万円にとどまり、7期連続となる営業赤字額は約4億円にのぼっていたうえ、近時は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、国内の化粧品市場が低迷、当社売り上げも大幅に減少していた。 指摘事項を改善しても何カ月かすれば、また元に戻る、この体質を変えるため、今回は審査まで2ケ月に一度、現場監査を行い、工場内にも「内部監査」を根付かせた。 なお今後、当社は(株)アントレックス(東京都新宿区)の支援を受け、同社子会社への事業譲渡を目指すとしている。

6
「ISO22716とは」「なぜ取得が必要なのか」「取得のメリット」「要求事項とは何か」「何をすべきか」といった内容の講義だけでは理解度判断が難しく、テストも併せて実施した。 取材の最後に、佐藤徹生産本部長は、「ISO22716認証を取得したことで終了ではなく、これが第一歩であり、さらなる品質向上を目指し、お客様とともにあるコスメティック・アイーダをアピールしたい。

コスメティック・アイーダ/新型コロナ倒産で神奈川県最大の負債26億円

⌛ 支えていただいたお客様のためにも、新スタートのためにも、ISO22716認証取得を決意 その吉報とともに、以前から顧客より、「今後はISO222716を取得した工場で生産をお願いしたい」という要望があったことを受けて、経営者は宮城本工場および仙台第二工場でISO22716認証取得することを決意。 負債総額は約26億円の見通しです。 その後、津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金を活用し、2017年10月には自社製品を大ロットで製造できる宮城本工場を本格稼働して巻き返しを図った。

文書化によって業務の一連の流れを改めて把握できたことで、クレームや問題が発生した際にも、事実関係の調査がしっかりできるようになった。

【化粧品メーカー】株式会社コスメティックアイーダ

😩 更に、昨年からの新型コロナウイルス感染拡大の影響で、化粧品販売市場は低迷が続いて売り上げは大幅に減少。 しかし、2011年3月、激震が走った。

13
2019年3月期には売上高12億4354万円をあげたが、償却などの負担から2期連続の赤字を計上。 負債は債権者約200名に対し約26億円。

化粧品メーカーの(株)コスメティック・アイーダが破産申請、新型コロナも影響 (2021年2月2日)

😍 そのため神奈川県再生支援協議会を利用して私的整理を試みたが、多額の負債を抱えていたため今回の措置となった。 」と振り返った。

3
事業譲受会社が必要な許認可を取得するまでの間、保全管理人の管理下で事業を継続し、スポンサーへの事業譲渡を目指すとしている。

倒産速報

👌負債総額は債権者約200名に対して26億1570万円。 その後、平成23年に発生した東日本大震災で宮城県の主要工場が被災。 ピークを迎える平成16年3月期売上高は14億2,900万円内外を計上した。

そのため神奈川県再生支援協議会を利用して私的整理を試みたが、多額の負債を抱えていたため今回の措置となった。