ブロゴス 小林。 スウェーデンはまたノーガード戦法で成功している

銅価格急落で懸念される、中国バブルの崩壊

🤞 特に、同シリーズのスペシャル本として発表された『戦争論』『戦争論2』『戦争論3』(すべて幻冬舎)は言論界に衝撃を与え、大ベストセラーとなった。

16
日本のコロナ死者数は今のところ他国よりも少なく推移しているが、 未だ減るどころか、良くても横ばい、もしくは増加傾向にある。 たとえば、冒頭の越後の物件は、所有者が隣町に引っ越したことで空いてしまった。

(2ページ目)告発者を会議室で“恫喝” 患者を食い物にする「がん免疫療法クリニック」 の許されざる実態

🤫 「え?と思いました。 要するに抗体は1年経てば消えるから、季節性コロナになってしまったということだ。

13
一人一人の理解と行動で、この非常事態を乗り越えましょう。 命の瀬戸際に追い詰められた患者を騙す 現在、自由診療で行われている免疫療法は、「ANK療法」「活性化リンパ球療法」「樹状細胞療法」「ペプチドワクチン」「ネオアンチゲン」など多種多様だ。

玉川のコロナ根絶論は科学か?

👍 デビュー当時は福岡で執筆活動を行なっていたが、『東大一直線』の続編『東大快進撃』の連載終了後しばらくして上京。

18
また新たな試みとして、ニコニコ動画「小林よしのりチャンネル」にて、Webマガジン『小林よしのりライジング』を毎週火曜日に配信中。 では新型コロナはどうか。

小林よしのり氏、あまりに非道い新型コロナ関連ブログ記事

😗 ロックダウンもせず、マスクもしないで、またしてもノーガード戦法で、1日の死者数は多い日でも約40人で、第1派の半分以下の水準らしい。

日本の観光地から中国人観光客が激減したことで、皮肉なことだが観光公害がなくなった場所も多いという皮肉。 統計では遠く1万人に及ばない。

小林よしのり氏、あまりに非道い新型コロナ関連ブログ記事

🐾 とても嫌なシステムですよね。 たとえば、2年前には問題にされていなかった所有者不明土地が大きくクローズアップされ、日本には想像以上に放置されている土地が多いことがわかった。 他者との接触を極力避ける。

4
ウイルスの特徴を知り、「正しく怖がる」ことが極めて重要だ。 翌年、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にてデビュー作『東大一直線』を連載開始、大ヒットとなる。

小林よしのり氏、あまりに非道い新型コロナ関連ブログ記事

🙃 昭和61年、「月刊コロコロコミック」(小学館)にて連載された『おぼっちゃまくん』が大ヒット。 世界的には、感染者総数1099389人に対し、58901人もの人が亡くなっている。 安冨:もちろん、そういう気持ちはすごく強かったですよ。

配偶者も親も、私の特質的な部分、肩書や学者としての才能といった、彼女たちにとって都合のいい部分だけを好み、私の全人格を否定しました。

気鋭の東大教授「50歳で女性装」を始めた胸の内

😉 その結果、銅価格が低下、LME(ロンドン非鉄市場)が暴落したというわけである。 高い有効性が臨床試験で証明されたので、保険適用になった。

13
コロナで肺炎になった死者数は、通常の死者数10万人に 上乗せされ、 さらに肺炎による死者数が増加することが予測される。 人工呼吸器が足りないから、助かりそうな人にだけ使うなどという、 命の選別が必要な事態になりつつある。

(3ページ目)告発者を会議室で“恫喝” 患者を食い物にする「がん免疫療法クリニック」 の許されざる実態

🐲 1週間後に日本がアメリカやイタリアのような状況になってもおかしくない。

今でも根強い人気がありグッズ等の販売がされている。 これまでは低利で調達した資金を運用して、理財商品を購入(短期的に)すればさらに高い利益が期待できる図式が続いていた。

気鋭の東大教授「50歳で女性装」を始めた胸の内

😉 むしろ今が普通に戻ったのではないかと。 だが、銅価格の下落、元安、金利差の縮小により銅取引の旨味はなくなりつつある。

5
がん細胞は免疫細胞の働きにブレーキをかける作用で自らを守っているが、オプジーボはそのブレーキを解除して、がん細胞を死滅させる。