シラン カップ リング 剤。 シランカップリング剤│医化学創薬株式会社

シリコンアルコキシドの加水分解・脱水縮合の反応について(酸触媒)

☯ 000 description 12• 229910000077 silane Inorganic materials 0. 230000003247 decreasing Effects 0. Xは無機材料と反応する官能基で,水,あるいは湿気により加水分解を受けてシラノールを生成します。 収率6 5.1%。 000 abstract description 7• 000 description 1• 000 title claims abstract description 9• 238000010526 radical polymerization reaction Methods 0. 229940075581 sodium bromide Drugs 0. 000 description 4• 000 description 1• 000 description 2• 000 description 1• 239000003431 cross linking reagent Substances 0. 000 description 2• 000 description 28• 000 description 1• 000 description 2• 000 description 1• 無色液 体。

17
000 description 1• 原料としてジアリルアミンと化 2に示されるようなエポキシ基を有するシランカップリ ング剤を準備する。 229920001223 polyethylene glycol Polymers 0. 000 description 22• 以上が酸触媒によるシランリング剤の反応となる。

JP2625911B2

🤙 JP2625911B2 - フッ素系シランカップリング剤の製造方法 - Google Patents JP2625911B2 - フッ素系シランカップリング剤の製造方法 - Google Patents フッ素系シランカップリング剤の製造方法 Info Publication number JP2625911B2 JP2625911B2 JP63155862A JP15586288A JP2625911B2 JP 2625911 B2 JP2625911 B2 JP 2625911B2 JP 63155862 A JP63155862 A JP 63155862A JP 15586288 A JP15586288 A JP 15586288A JP 2625911 B2 JP2625911 B2 JP 2625911B2 Authority JP Japan Prior art keywords fluorine coupling agent silane coupling carboxyl hydroxyl Prior art date 1988-04-22 Legal status The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. 000 description 2• 000 abstract 2• ヘキサンを減圧留去し、減圧蒸 留して目的の標記化合物を得た。 238000005260 corrosion Methods 0. 000 description 3• 000 description 1• 000 description 2• 000 description 1• 230000001070 adhesive Effects 0. 000 description 1• まず酢酸0.5重量部と反応生 成物0.4重量部とを水で希釈して100重量部となる ように調整し、撹拌を1時間行った。

17
229910052801 chlorine Inorganic materials 0. 239000002966 varnish Substances 0. 238000009941 weaving Methods 0. 000 description 2• このシラン組成物を実施 例1と同様に処理した以外は実施例1と同じ。

シランカップリング剤│医化学創薬株式会社

👋 238000004381 surface treatment Methods 0. 239000000126 substance Substances 0. 239000011780 sodium chloride Substances 0. 000 abstract 1• 000 description 3• シランリング剤は酸触媒によって以下のように反応が進む [2][3][11]。 000 description 3• 000 description 4• 000 description 3• 000 description 2• については相当詳しく書いているようだが、アルコキシドの話は触れていなかった。 230000000694 effects Effects 0. 238000005859 coupling reaction Methods 0. 239000003960 organic solvent Substances 0. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed. 239000011707 mineral Substances 0. 230000002708 enhancing Effects 0. このためマトリックスとなる樹脂の改良と共に、 強化材として用いられるガラス繊維基材の改良も進めら れている。

2
残留物の減圧蒸 留により目的とする標記化合物を得た。

シラン・シランカップリング剤

🤟 000 abstract 4• 000 description 1• 238000010438 heat treatment Methods 0. 150000002576 ketones Chemical class 0. ちなみに、触媒ではが中心のSiに付加して5配位中間体となってアルコールが脱離するという全く異なった反応をする。 239000002131 composite material Substances 0. 230000002787 reinforcement Effects 0. 239000004926 polymethyl methacrylate Substances 0. 230000003373 anti-fouling Effects 0. -1 silane compound Chemical class 0. 000 abstract description 8• ガラス繊維基材がガラスクロスの場合は、ガラスクロス の織り組織としては、平織り、朱子織り、綾織り、なな こ織り等のガラスクロスを用いることができる。

7
000 description 1• Plueddemann, "Silane Coupling Agents Second Edition", Plenum Pres, New York 1991 Chap. 000 claims description 23• 000 claims description 13• 239000000460 chlorine Substances 0. 229910052801 chlorine Inorganic materials 0. 000 description 4• 000 description 1• 000 description 2• ガラス繊維紡糸時の集 束剤の成分として使用され、他の膜形成成分や潤滑剤成 分等と一緒にガラス繊維の表面に処理される。

JPH08269071A

🌏 [SiH4] BSYQEPMUPCBSBK-UHFFFAOYSA-N 0. 次に、このフラスコを室温で3 0分撹拌した後、室温でトリメトキシシラン1. 000 description 3• 238000004458 analytical method Methods 0. 229910001873 dinitrogen Inorganic materials 0. 000 description 1• 150000002430 hydrocarbons Chemical class 0. 000 claims 1• 238000004519 manufacturing process Methods 0. 000 claims 1• 000 abstract description 4• 239000000126 substance Substances 0. 239000007788 liquid Substances 0. 000 abstract description 11• 000 description 2• 000 description 1• 000 abstract description 35• 000 description 4• 238000002360 preparation method Methods 0. 150000001721 carbon Chemical group 0. ま た、コンピューターや通信機器等に用いられるプリント 配線板は、ガラスエポキシ系や、ガラスポリイミド系の ものが多く用いられてきたが、最近になって連続成形法 の採用に伴い、不飽和ポリエステル樹脂をマトリックス とする配線板の割合が増大している。

1
無色液体。 238000000576 coating method Methods 0. しかし、世の中の多くの化学者、特に無機の方々はあまり深く考えていない節があって、どういう反応か説明せずにH 2Oが抜けるから他の部分が結合して脱水縮合すると短絡して表記する文献が多い。

シランカップリング剤│医化学創薬株式会社

♻ 000 description 2• 239000000047 product Substances 0. 238000003756 stirring Methods 0. 239000011737 fluorine Substances 0. 代表的な製品 官能基 化学名 製品名 構造式 ビニル ビニルトリメトキシシラン KBM-1003 ビニルトリエトキシシラン KBE-1003 エポキシ 2- 3,4-エポキシシクロヘキシル エチルトリメトキシシラン KBM-303 3-グリシドキシプロピルメチルジメトキシシラン KBM-402 3-グリシドキシプロピルトリメトキシシラン KBM-403 3-グリシドキシプロピルメチルジエトキシシラン KBE-402 3-グリシドキシプロピルトリエトキシシラン KBE-403 スチリル p-スチリルトリメトキシシラン KBM-1403 メタクリル 3-メタクリロキシプロピルメチルジメトキシシラン KBM-502 3-メタクリロキシプロピルトリメトキシシラン KBM-503 3-メタクリロキシプロピルメチルジエトキシシラン KBE-502 3-メタクリロキシプロピルトリエトキシシラン KBE-503 アクリル 3-アクリロキシプロピルトリメトキシシラン KBM-5103 アミノ N-2-(アミノエチル)-3-アミノプロピルメチルジメトキシシラン KBM-602 N-2-(アミノエチル)-3-アミノプロピルトリメトキシシラン KBM-603 3-アミノプロピルトリメトキシシラン KBM-903 3-アミノプロピルトリエトキシシラン KBE-903 3-トリエトキシシリル-N-(1,3-ジメチル-ブチリデン)プロピルアミン KBE-9103P N-フェニル-3-アミノプロピルトリメトキシシラン KBM-573 N-(ビニルベンジル)-2-アミノエチル-3-アミノプロピルトリメトキシシランの塩酸塩 KBM-575. 230000000694 effects Effects 0. その一つは、無機質材料と化学結合する反応基、もう一つが有機質材料と化学結合する反応基。 000 description 1• 000 description 7• 000 description 1• 229920002451 polyvinyl alcohol Polymers 0. 000 description 1• 000 description 4• 000 claims 1• 239000000203 mixture Substances 0. JPH11335378A - シランカップリング剤 - Google Patents JPH11335378A - シランカップリング剤 - Google Patents シランカップリング剤 Info Publication number JPH11335378A JPH11335378A JP15688398A JP15688398A JPH11335378A JP H11335378 A JPH11335378 A JP H11335378A JP 15688398 A JP15688398 A JP 15688398A JP 15688398 A JP15688398 A JP 15688398A JP H11335378 A JPH11335378 A JP H11335378A Authority JP Japan Prior art keywords hydrocarbon mol isopropenyl coupling agent silane coupling Prior art date 1998-05-22 Legal status The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. 000 description 2• 125000005395 methacrylic acid group Chemical group 0. 229910052799 carbon Inorganic materials 0. 239000000945 filler Substances 0. 238000002156 mixing Methods 0. 230000001737 promoting Effects 0. 000 claims 1• 239000011159 matrix material Substances 0. 239000002952 polymeric resin Substances 0. -1 N-vinylbenzylaminoethyl Chemical group 0. 000 description 3• 239000000047 product Substances 0. 229920000728 polyester Polymers 0. 000 description 1• 000 description 1• [処理剤の溶解性] 1%酢酸水溶液への溶解試験を行 った。 。

2
図2は、実施例 に用いたエポキシシランの赤外吸収曲線を示し、図3は ジアリルアミンの赤外吸収曲線を示す。 収率58.6%。

信越シリコーン|シランカップリング剤

🙃 000 claims description 3• 000 description 1• 000 description 4• 000 description 3• 125000003277 amino group Chemical group 0. 239000004250 tert-Butylhydroquinone Substances 0. 000 description 3• 239000000314 lubricant Substances 0. 229920001721 Polyimide Polymers 0. この処理に はガラス繊維基材に対して一般に行われているシランカ ップリング剤の処理が含まれる。 000 description 2• 238000010292 electrical insulation Methods 0. 000 description 1• 000 description 14• 000 description 3• 238000005476 soldering Methods 0. 000 description 3• 239000003112 inhibitor Substances 0. 238000004381 surface treatment Methods 0. 229910004719 HSi Inorganic materials 0. 239000006227 byproduct Substances 0. 229920000647 polyepoxide Polymers 0. 000 description 1• 1995• 000 description 1• 229910001961 silver nitrate Inorganic materials 0. このシラン組成物の塩素濃度を硝酸銀適滴定 により測定したところ2.3重量%(理論値2.5重量 %)であり、ビニルベンジルクロライドの95%以上が 反応していることを確認した。

5
238000006243 chemical reaction Methods 0. 脱水縮合は2つのOH基からH 2Oが脱離して、残ったOで架橋する構造になる。 000 description 2• 000 claims description 6• 000 title abstract description 11• 商品コード Image 品名 包装 CAS MCP-03-0003-SIC-10 シランカップリング剤 (アミノオキシ提示シラン誘導体) 10 mg 1452837-82-9 MCP-03-0003-SIC-100 100 mg シランカップリング剤は、下記の構造に示しますように有機物と反応する官能基と無機物と反応する官能基からなる構造を持っています。

JP2625911B2

👌 ここまでが。 000 description 4• 000 description 1• 000 claims abstract description 12• 000 claims description 14• 239000007864 aqueous solution Substances 0. 238000004809 thin layer chromatography Methods 0. 収率53.7%。 また,界面の接着性改良という本来の目的とは異なった応用も盛んに研究されています。

11
238000005033 Fourier transform infrared spectroscopy Methods 0. 239000000706 filtrate Substances 0. 229910052799 carbon Inorganic materials 0. 000 description 15• 000 description 1• 000 description 1• 239000007787 solid Substances 0. 000 description 1• [11]山田文一郎, , YAMAKIN 2013 [12]永長久彦, , 2000. 238000003756 stirring Methods 0. 150000003512 tertiary amines Chemical class 0. 1996• 239000011347 resin Substances 0. 000 description 2• ここでRは、炭素数が2以 下のアルキル基であり、nは2〜5の整数を示す。