清水 ともみ。 中国政府によるウイグル人弾圧の真実を描いた漫画「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言が反響を呼ぶ!

在日ウイグル人、日本での中国共産党の脅迫を告発!漫画が反響

⚐ (中国政府からの圧力は?)最初の作品『その國の名を誰も言わない』(2019年)がネット上に公開された後、何日か続けて深夜3時頃、(清水氏の)自宅のインターフォンが鳴り続けた。 それこそが本当に怖い。 「初めて知った」「信じられない」といった反応をいただきました。

6
日本人は、このような面も含めて、日本国内でもどのような問題が起きているのかを知り、国防を考えて、議論をすることができるようにしなければいけないのではないでしょうか。

清水ともみさんがお書きになった「私の身に起きたこと〜とあるウイグル人女性の証言」(季節社)と「命がけの証言」(WAC)の2冊をご紹介

😅 番組内では、ウイグル人たちが移植用に臓器を摘出されている疑いも指摘され、自治区にあるカシュガル空港には臓器専用の通路もあったとの情報も報じられました。 彼らには共存という発想がない。

17
しかし危機がより大きくなってきた現在、ようやく日本でもこのような問題が報じられるようになり、この問題意識も高まりつつあります。 香港で起きた反政府デモでも、印刷されて現場に掲示されるなど共感が広まった。

<書評>清水ともみ著『命がけの証言』

😅 今夜も、罪もないウイグル人を強制収容した「教育施設」では、恐るべき夜を迎えているだろう。 。 拙稿の筆者も、先ほど拝読した。

労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった。

【孫 向文・ 清水ともみ】ウイグル人権侵害:ウイグルに残虐のかぎりを尽す中国

👇 Als sie mich holten, gab es keinen mehr, der protestieren konnte. いつの時代でも政治を動かしてきたのは世論だと思っています。 しかし、このような折も中国共産党政府によるアジアへの覇権主義が止まるわけではありません。

13
(中国の民族浄化の意図は何か?)同化だ。

中国政府によるウイグル人弾圧の真実を描いた漫画「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言が反響を呼ぶ!

😒 本来、今の中国に資格がないはず。

14
彼女はインターネットを通じて会場に向かって語りかけました。

<書評>清水ともみ著『命がけの証言』

⌚ これは日本の将来につながる話だから。 1949年に20万人だった漢民族が今は1000万人を超えている理由も、ウィグルの農作物によるところが大きい。 その時の違和感を思い出し、人権侵害の問題と直感的に結びついたんです。

15
そして、ナチスが私を攻撃したとき、私のために声をあげる者は誰一人残っていなかった」 上記はナチス時代のドイツの牧師で、ナチスの教会に対する国家管理への反対をしたことによってナチスに捕らえられ、1937年から1945年にザクセンハウゼン強制収容所とダッハウ強制収容所に収容されたマルティン・ニーメラーの言葉です。

中国政府によるウイグル人弾圧の真実を描いた漫画「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言が反響を呼ぶ!

⚛ 内モンゴル出身の大相撲荒汐親方も「母国語が失われる」と訴えている。 あまり目もあわせないような感じでした。 椿の夜(『Kiss Carnival』1998年12月号)• 同書の第一章は、清水ともみさんと静岡大学教授の楊海英氏との対談になっている。

20
あるいは、男女を問わず、麻酔なしで臓器を抜き取られて焼却炉に放り込まれるかもしれない。 王毅外相の来日に際して、尖閣を守れとか、ウィグル・モンゴルの弾圧を止めろといったデモも国会前などであったが、ほとんど報道されなかった。