マタハラ 裁判。 マタハラ 慰謝料30万円支払いを命じる 出産1年以内に解雇 東京高裁 |労働新聞ニュース|労働新聞社

マタハラ・パタハラの裁判事例と事例からみる対策まとめ|あなたの弁護士

👋 (1)正光会宇和島病院事件 1年間の雇用契約を反復更新していた女性労働者に対して妊娠を理由に雇止めした行為が、男女雇用機会均等法に違反するとして無効と判断されています(松山地裁宇和島支部判決平成13年12月17日労判839号68頁)。 本件のように、妊娠を契機に人事異動等を行う場合は、慎重に行う必要があります。 女性は2008年、第二子を妊娠したことから、労働基準法65条3項に基いて、軽い業務への転換を請求したが、病院内チームへ異動した後、副主任を解かれてしまう。

一審の地裁判決は、女性に正社員の地位は認めなかったが、雇止めは無効とし、会社の不誠実な対応などは不法行為にあたるとした。

マタハラ 慰謝料30万円支払いを命じる 出産1年以内に解雇 東京高裁 |労働新聞ニュース|労働新聞社

☏ 保育園が見つからないまま正社員復帰すれば、時短措置を講じたとしても、正社員としての業務に支障を生じさせたり、欠勤を繰り返したりすることを余儀なくされ、退職・勤務成績不良での解雇・出勤状況が悪く改善見込みもないことを理由とする懲戒解雇になる可能性があった。 男女雇用機会均等法の9条3項に触れ、病院側に対し特別な事情や女性の明確な同意がない限り、降格は違法であると踏み込んだ明示がされていたからだ。

8
録音の証拠能力の問題は議論の対象にもなっていません。

過去の裁判事例

☯ その後、病院内チームに異動し、勤続10年を経て副主任に昇格した。

そこで、契約期間を1年とする週3日勤務の契約社員として会社と再契約を交わすこととなった。

妊娠中の退職合意を無効とした裁判例に学ぶマタハラ問題

🙄 4 妊娠中の女性労働者及び出産後一年を経過しない女性労働者に対してなされた解雇は、無効とする。 難しいのは、客観的に明白ではない場合に、労働者側と会社側で問題となることがある。 会社からは「正社員への契約再変更が前提」と説明を受け、14年に週3日の契約社員となる契約書にサインした。

13
労働者がハラスメントの立証のために秘密録音することまで禁止したわけでもない。 誤解を与えるような書面を作ったことや、正社員に戻す時期や条件を明確にしなかったこと、女性に対しやや過剰な反応を示したことなど、会社側の対応に一定の問題があることは否定できない。

マタハラで訴訟するも最高裁棄却で女性側が敗訴。高裁判決ポイントについての専門家の解説(小酒部さやか)

🤘 かつ、女性がマタハラを訴えて行なった記者会見が会社への名誉毀損に当たるとして55万円の支払いを命じた。

1
会社が正社員に期待するレベルと、労働者が実際に提供できるレベルの擦り合わせは、仕事をしていく中で行わざるを得ない面もあるが、もっと責任のある仕事を任せて欲しいと主張する労働者と、パフォーマンスの低下した従業員に責任のある仕事を任せることに不安を覚える会社側 との間で、 コミュニケーション・ギャップが生じることがある。

最高裁、マタハラ訴訟で初の判断!

😎 今回、その録音を会社は就業規則違反として禁止しましたが、女性は録音を継続し、それが契約終了(雇止め)の理由の1つになっています。

13
合わせてお読みください• 「子どもを産んでもキャリアを続ける権利ある」 記者会見で「日本にとって残念な判決」と話すウッド氏(中央)。 地裁も高裁も正社員の地位を認めなかったのはなぜなのか。

マタハラで訴訟するも最高裁棄却で女性側が敗訴。判決から学ぶべき2つのこととマタハラ被害者支援のあり方(小酒部さやか)

📲 女性は会社の他の女性従業員に、「(会社から)正社員に復帰させてもらえない」「いじめられている」「妊娠を考えているなら気をつけた方がいい」などと発言。 女性は録音した上司の音声データをメディアに提供した。

マタハラを受けた場合には早期に弁護士や厚生労働省委託事業である「ハラスメント悩み相談室」などに相談し、どのような対応を取るのがベストなのか、事例に応じたアドバイスを受けることをお勧めします。 12月24日、東京高裁前で行なわれた抗議行動。