ツーレロ 節。 ツーツーレロレロ

史緒のふみょふみょ日記

🙌 春の陽をあびながら水田の底の泥の上をあるいているのを見掛けることがある。 が亡くなって以来おすすめにが出ていた。

8
ツーツーレロレロ ツーレーロー ツレラレトレ ツレトレシャン ツレラレトレ シャシャンコ シャン シャン シャン 僕 ぼくがあの 娘 こを 見 み 染 そめた 時 ときは 高校 こうこう 二年 にねんの 春 はるの 頃 ころ グレた 頃 ころ 紺 こんのセーラー 服 ふく 横目 よこめでみれば 胸 むねのボインが 気 きにかかる しびれちゃう ツーツーレロレロ ツーレーロー ツレラレトレ ツレトレシャン ツレラレトレ シャシャンコ シャン シャン シャン 行 いきと 帰 かえりの 満員電車 まんいんでんしゃ いやでもくっつく 鼻 はなと 鼻 はな 胸 むねと 胸 むね 今 いまがチャンスと 指先 ゆびさきにぎりゃ となりのオバさんに にらまれた どなられた 逢 あえば 切 せつない 逢 あわなきゃつらい 出 だすに 出 だせない ラブレターくさるほど 最初 さいしょのデートは ボートに 乗 のって ゆれたふりして 抱 だきついた キスをした ツーツーレロレロ ツーレーロー ツレラレトレ ツレトレシャン ツレラレトレ シャシャンコ シャン シャン シャン どうにか 学校 がっこう 卒業 そつぎょうしたが 浮世 うきよの 風 かぜは 冷 つめたいよ きびしいよ 頭 あたまハゲるほど ガムシャラかせぎ あの 娘 こは 何 なんとか 俺 おれの 妻 つま ザマーミロ ガキが 出来 できたら すぐ 手 てのひらひっくり 返 かえし 可愛 かわいいあの 娘 こは 角 つのまるだし 山 やまの 神 かみ 僕 ぼくはお 家 いえへとっても 帰 かえるの 恐 こわい 昔 むかしを 夢 ゆめみて くやし 泣 なき 男泣 おとこなき ツーツーレロレロ ツーレーロー ツレラレトレ ツレトレシャン ツレラレトレ シャシャンコ シャン シャン シャン ツ tsuー ツ tsuー レロレロ rerorero ツ tsuー レ reー ロ roー ツレラレトレ tsureraretore ツレトレシャン tsuretoresyan ツレラレトレ tsureraretore シャシャンコ syasyanko シャン syan シャン syan シャン syan 僕 boku があの gaano 娘 ko を wo 見 mi 染 so めた meta 時 toki は ha 高校 koukou 二年 ninen の no 春 haru の no 頃 koro グレ gure た ta 頃 koro 紺 kon の no セ seー ラ raー 服 fuku 横目 yokome でみれば demireba 胸 mune の no ボイン boin が ga 気 ki にかかる nikakaru しびれちゃう shibirechau ツ tsuー ツ tsuー レロレロ rerorero ツ tsuー レ reー ロ roー ツレラレトレ tsureraretore ツレトレシャン tsuretoresyan ツレラレトレ tsureraretore シャシャンコ syasyanko シャン syan シャン syan シャン syan 行 i きと kito 帰 kae りの rino 満員電車 manindensya いやでもくっつく iyademokuttsuku 鼻 hana と to 鼻 hana 胸 mune と to 胸 mune 今 ima が ga チャンス chansu と to 指先 yubisaki にぎりゃ nigirya となりの tonarino オバ oba さんに sanni にらまれた niramareta どなられた donarareta 逢 a えば eba 切 setsu ない nai 逢 a わなきゃつらい wanakyatsurai 出 da すに suni 出 da せない senai ラブレタ raburetaー くさるほど kusaruhodo 最初 saisyo の no デ deー ト to は ha ボ boー ト to に ni 乗 no って tte ゆれたふりして yuretafurishite 抱 da きついた kitsuita キス kisu をした woshita ツ tsuー ツ tsuー レロレロ rerorero ツ tsuー レ reー ロ roー ツレラレトレ tsureraretore ツレトレシャン tsuretoresyan ツレラレトレ tsureraretore シャシャンコ syasyanko シャン syan シャン syan シャン syan どうにか dounika 学校 gakkou 卒業 sotsugyou したが shitaga 浮世 ukiyo の no 風 kaze は ha 冷 tsume たいよ taiyo きびしいよ kibishiiyo 頭 atama ハゲ hage るほど ruhodo ガムシャラ gamusyara かせぎ kasegi あの ano 娘 ko は ha 何 nan とか toka 俺 ore の no 妻 tsuma ザマ zamaー ミロ miro ガキ gaki が ga 出来 deki たら tara すぐ sugu 手 te のひらひっくり nohirahikkuri 返 kae し shi 可愛 kawai いあの iano 娘 ko は ha 角 tsuno まるだし marudashi 山 yama の no 神 kami 僕 boku はお hao 家 ie へとっても hetottemo 帰 kae るの runo 恐 kowa い i 昔 mukashi を wo 夢 yume みて mite くやし kuyashi 泣 na き ki 男泣 otokona き ki ツ tsuー ツ tsuー レロレロ rerorero ツ tsuー レ reー ロ roー ツレラレトレ tsureraretore ツレトレシャン tsuretoresyan ツレラレトレ tsureraretore シャシャンコ syasyanko シャン syan シャン syan シャン syan. 私の記憶の底のとこに張り付いていたのは・・ なにか、TVで観たかなにかで、インプットされていたのだ。 その証左に自作の替歌を。

ツーツーレロレロ

🖖 語釈 1. 「ツーレロ節」は先行する「ほんとにほんとにご苦労さん」とか「ドリフのズンドコ節」に比べ子どもの頃はピンとこなかったが今見るとなんとも言えない哀愁を感じる。 こんなに格好よかったのねえ。 。

いきな断髪 いやみな茶筅(ちゃせん ドンドン 髪のあるのは野蛮人 ほんまかね。

ツーツーレロレロ

😒 の作詞は高杉晋作と云われているが定かではない。 兵隊さんたちは、この歌の替え歌を歌って笑いながら、 ふるさとの奥さんや恋人、子どものことを想っていたのかもなぁ… で、昭和18年にできたレコードの歌詞の中には日章旗(マタハリ)なんてのがあって、 如何にもだ。 語釈 巷間流布されている説に、デカンショはデカルト、カント、ショーペンハウエルの略との説があるが、定かではない。

20
夢になりとも持ちたいものは 金のなる木と よい女房 チョンコ 3. 南国調のメロディに、兵隊達(南方戦線 が七五調の歌詞をつけて歌い始めた。 懐かしいのと素晴らしいのと…ただただ見入ってしまった。

ツーツーレロレロって??

😇 昭和初期(1930-1950 頃、柳家三亀松が寄席などで三味線片手に都々逸情話(漫談 を上演、一世を風靡。 オソソは大阪弁で女性の秘所のこと。

13
いずれもお座敷製の「さのさ節」で愛をテーマにしている。 関東の各大学をからかう学歴ネタが有名で、特にをいじっていた。

ツーレロ節

😜 アマゾン河原で 昼寝をすれば 河馬がでてきて キスをする 3. 作詞作曲者不詳。 のパートがいいなあ。 スットトンスットトンと戸を叩く 主さん来たかと出て見れば 空吹く風にだませれて 月に恥かし我が姿 スットトン スットトン 3. しかし丸山がほどなく脱退してしまったため、テレビ局でADのアルバイトをしていた大森クンタ(現・)を誘い再結成された。

8
てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ 坊やが寝んねしてお目々が覚めたなら ゴルフにゆけるようにしておくれ。 ドリフターは、ドリフのツーレロ節として、小林旭は、アキラのツーレロ節として、吹き込んでいます。

ツーツーレロレロって??

☎ にビートたけしの弟子で結成されたに参加。

20
ツーツーレロレロツーレロ ツレラレトレツレトレシャン ツレラレトレ シャン ランラン うちの母さん洗濯好きで 夜の夜中に棹さがす 元歌 作曲者不詳 薫るジャスミン どなたがくれた パパヤ畑の月に問え 月に問え ツーツーレロレロツーレロ ツレラレトレ ツレトレシャン ツレラレトレ シャンランラン 解説 昭和18年(1943。 好いたお方に盃さされ 飲まぬ先から 桜いろ チョンコ 語釈 實盛は俗語で陰核のこと。

ドリフのツーレロ節 歌詞「ザ・ドリフターズ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

🐝 落語家がチャリ舞として、よく使われる。 こちらの歌詞は、なかなか愛しい男を想う女の心の機微が歌われていて、 今聴いても「お、ちょっとなんか、ええやんか」と思わせられる。 エロ歌では、"ツーツレロレロ節"があります。

18
解説 元歌 1. 何時、シナ戦線が拡大して、壱銭五厘のはがきで徴兵されるか分らない不安の時代でしたから、カフェー 註 やダンスホールに通い一時の憂さを払っていました。