神奈川 協力 金 第 5 弾。 神奈川県緊急事態宣言の延長と協力金第5弾手続きと第6弾開始のご案内 : 神奈川韓国商工会議所

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第5弾)について(更新日:令和3年2月9日)

👊 【 提出書類】 1.交付申請書 2.振込先の通帳(見開き部分)等の写し 3.食品衛生法に基づく飲食店の営業許可証の写し 4.酒類を提供していることがわかる写真など(メニューやホームページなど) 5.従来の営業時間がわかる写真など(看板など) 6.店先に「時短営業の案内」を掲示したことがわかるもの。 対象地域内で複数の店舗を運営している事業者は、一括して申請してください。 県では、貸出期間終了後にアクリル板を市場価格の約8分の1で購入することもできる「アクリル板等無償貸与」も行っておりますので、ご活用ください。

10
関連リンク• 破産法(平成16年法律第75号)第18条又は第19条に基づく破産手続開始の申立てがなされていないこと。 休業を含む。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第8弾)について

🤗 宅配ピザ屋などのデリバリー専門店• 既に登録いただいている事業者様で、新たな感染防止対策を追加で入力いただいた場合、その対策に<NEW! 対象となる店舗を運営し、時短営業又は休業にご協力いただいた事業者の皆様に対して、「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第10弾)」を交付します。 対象店舗において、令和3年1月4日より前に、食品衛生法(昭和22年法律第233号)の飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受け、営業の実態があること。

19
時短営業を開始した日から令和3年3月31日まで連続して時短営業することが必要です。

【新型コロナ】神奈川の時短協力金、大幅遅れ 第6弾までで最大9割弱が未交付(カナロコ by 神奈川新聞)

🎇 県が措置する指名停止期間中の者でないこと。 1 対象期間 変更後 令和3年4月1日(木曜)から 令和3年4月19日(月曜)まで (変更前 令和3年4月1日(木曜)から令和3年4月21日(水曜)まで) 2 交付額 変更後 1店舗あたり 最大76万円 (変更前 1店舗あたり最大84万円) 【重要】 3月8日から3月31日までの時短要請にかかる協力金は、 協力金(第8弾)とは別に、協力金(第7弾)として別途申請していただく必要があります。 取組書を店舗に掲示いただくことで、県民の皆さまが安心・信頼して利用できます。

3
申請受付は終了しました。 ・劇場等(劇場、観覧場、映画館、演芸場など) ・遊興施設等(カラオケ、キャバレー、スナック、バー、個室ビデオ、ライブハウスなど) ・遊技施設(ボウリング場、スポーツクラブ、麻雀店、パチンコ屋、ゲームセンターなど) ・宿泊施設(ホテル又は旅館の複数人数での利用が可能な飲食提供スペース(宴会場など))• 2020年12月15日(時短営業要請日)より前に、必要な許認可等を取得し、対象店舗において営業の実態があること。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第6弾)について

😔 遊技施設(ボウリング場、スポーツクラブ、麻雀店、パチンコ屋、ゲームセンターなど)• 本協力金の交付後、交付要件を満たさない事実、虚偽、不正等が発覚した場合は、申請者に対し交付済の協力金の 全額返還を求めます。 マスク飲食卓上ポップ• 遊興施設等(カラオケ店、キャバレー、スナック、バー、個室ビデオ店、ライブハウスなど)• 対象店舗数に応じて、合算して交付します。 申請から交付までの期間が短い 提出書類のやりとりがWEB上で完結するため、郵送申請に比べて振込までの期間を短縮できます。

14
食品衛生法に基づく飲食店営業又は喫茶店営業の許可証の写し。 対象地域 神奈川県全域 詳細は以下をご覧ください. 第6弾とは郵送先が異なりますので、別々に郵送してください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第6弾)について

⚑ ただし、営業の再開に当たっては、必ず感染対策取組書等の掲示をお願いします。 対象店舗数に応じて、合算して交付します。 マイナンバーカードの写しの場合は、表面のみ提出してください。

15
対象となる店舗を運営し、時短営業又は休業にご協力いただいた事業者の皆様に対して、「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第8弾)」を交付します。

神奈川県藤沢市:「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第5弾)つなぎ資金」《藤沢市》

😆 不備がある場合、事務局よりメール又は電話にてご連絡を差し上げます。

15
その場合、時短営業を開始した日から2021年1月11日まで連続して時短営業することが必要です。 対象店舗において、令和3年3月5日より前から通常21時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業を行っていた事業者が、緊急事態宣言解除後の令和3年3月22日から令和3年3月31日までの期間、5時から21時(酒類の提供は11時から20時)までの間に時短営業すること(休業含む)。