コロナ 公務員 減給。 新型コロナとの戦い「公務員」を切り捨て続けてきた日本のツケ(小谷 敏)

「減給」処分の同意の必要性や期間、認められる理由を解説|@人事業務ガイド

🖖 このように、公務員は仕事の内容で給与が変わるのではなく、おかしな決め方だと思います。

14
トラブル発展を未然に防ぐには、減給に関連する法的な対応を理解しておく必要があります。

コロナでわかった、やっぱり日本は公務員を「減らしすぎ」だ(大原 みはる)

🤝 025か月分、増えているのだ。 なので10近く、または10万以上は減給されています。

10
懲戒処分としての減給 労働者の遅刻や欠勤などに対する懲戒処分として減給の対応を行うパターンです。

コロナの影響で公務員の給料削減やボーナス減給は決定的

🤑 日本も同じようなものだろう。 労働基準法 第九十一条 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない。 コロナによる業績不振 新型コロナウイルス拡大による業績不振によって従業員の減給を行う場合は、感染症を理由としない経営悪化による減給と同じ手続き、根拠によって減給が可能になります。

5
公務員の給与は民間の給料を参考にして人事院が決めることになっています。

コロナでわかった、やっぱり日本は公務員を「減らしすぎ」だ(大原 みはる)

👆 民間調査は従業員数50人以上の1万2500事業所が対象。 企業が減給処分を実施できるのは、就業規則に記載されている事項を理由とする場合に限られます。

一般職員の給与削減率を3年間は2. そうした背景もあって、今回の事態で生活が苦しくなったり家に閉じ込められたりで、苛立った人たちの不満のはけ口として格好のバッシング対象になっているのだろう。

公務員は、コロナでも失業せず給料も減らないので、10万円支給は外す

🤘 一般的に減給と呼ばれている対応は、理由や方法によって大きく4つのパターンに分類されます。

3
2弁護士• 人事院が毎年、大手民間企業の給与を調べ、それに合わせた増減を国会に勧告する。 「僕ら政治家や全国の公務員、生活保護受給者、年金生活者は、コロナで収入は減らない。

公務員は、コロナでも失業せず給料も減らないので、10万円支給は外す

⚐ また、減給処分が可能な期間も1カ月だけと決まっており、1つの行動を問題視して「3カ月の減給」といったように、1カ月より長い期間を定めて処分を行うことはできません。 つまり、 民間企業の給与を調べた結果の増減が、国家公務員の給与に反映されることになる 当たり前の話だが、公務員の給与は、増えることもあれば、減ることもある もちろん、これは 人事院の「勧告」なので、参考意見のようなもの 法的拘束力はないため、義務ではなく、その通りに従う必要はない とはいえ、事実上、ある程度の強制力をもつと解され、 国家公務員の給与に反映されている ちなみに、議員(国、地方)、首長(市長や知事)、教育長などは「特別職」なので該当しない あくまで、人事院勧告とは「一般職の職員の給与に関する法律」の適用者が対象となっている 地方公務員の給与は人事院勧告を受けても反映されない場合もある 人事院勧告は、あくまで、国家公務員の給与水準を民間企業従業員の給与水準と均衡させること(民間準拠)を基本におこなっている そのため、厳密には、地方公務員が従う必要はない 事実、地方公共団体が人事院勧告に従わないという事例は多くある 時世もあり、 特に給与が増額する場合は、人事院勧告に従っていない地方自治体も多く、 その場合、当然だが、国家公務員の給与は増額しているのに対し、地方公務員の給与は増額しないことになる 人事院勧告に従うかどうかは、地方自治体に委ねられているところもあり、国家公務員の給与決定方法と大きく違う とはいえ、これまでの経験則上、給与の増額に従わないとする自治体はあっても、給与の減額に従わないとする自治体はない 「公務員の給与は、上がるのは遅く、下がるの早い」 こう認識してもらって差し支えない 国家公務員の給与が下がったからといって、地方公務員も合わせて下げる必要はない という理屈はあるものの、実情は国の基準に合わせ「右へならえ」 世論もあり、結局、地方公務員の給与も下げざるを得ない 公務員の年収 なお、公務員の年収については、毎年、年収ランキングが開示されているが、 年収ランキングはあくまで目安なので、そのままの数字を信じないようにしてほしい 年収とはひとえにいっても、基本給はどこも同じレベル 年収が高い自治体は、地域手当や残業手当で高くなっている 2020年の民間企業と国家公務員の給与(ボーナス) 新型コロナの影響は確実に民間企業に影響を与えている 民間だけだと思っている現役の公務員は考え直す必要がある 2020年6月17日、経団連が1発表した大手企業の2020年夏ボーナスの妥結状況(第1回集計)は、前年比6. 今回、コロナの影響で民間の給料は下がるので、この冬の人事院勧告は厳しいものになると思います。

6
8%減だったことに次ぐ大幅なマイナスだ 一方、国家公務員の2020年夏のボーナスはというと・・・ 管理職を除く平均支給額が、約68万100円。