炭治郎 夢小説。 降霊術師の炭治郎

欲のままに。【鬼滅の刃】【竈門炭治郎】

🙏 」 「そうだと思うんですけど. また、どんどん遡って行く記憶の中から自身と同じように霊体や守護霊が見え、自らの肉体に憑依させることが出来る者が何人か居た事を知る。 「もしかして、偶々見破れただけで、鬼狩りそのものの実力は大したこと無かったのかも。 自分たちの性を隠しながらはたらいていた。

7
そして、厭夢の姿を確認すると、早速そちらに向かって突撃していく。 むちゃくちゃにしたいほど欲しいあの子。

もし炭治郎のところにしのぶさんが来てたなら?

💙 だが、炭治郎は容赦なくそこで次の技を発動する。 炭治郎達は最短でここに来た為に彼らの拘束をすっ飛ばしたが、彼らが逆恨みで炭治郎達を襲撃してくる可能性は非常に高い。 炭治郎は後頭部を掻くと、自身の能力についてカナエに一通り伝える事にした。

もっとも、炭治郎の方もそんなに余裕があった訳ではなかった。

竈門炭治郎に憑依

🔥 ) 縁壱から耳飾りを受け取った炭吉は去って行く縁壱の背中目掛けて自身の思いを伝える。 その頃の炭十郎は息を引き取る前の炭十郎と比べ、天と地ほどの差があった。

16
下弦の壱を」 善逸は信じられないといった顔で炭治郎を見る。

竈門炭治郎に憑依

🍀 そう思っていたら。

7
遥か昔に先祖が神職の一族から妻を貰い、それ以降は霊感が強い子供が稀に産まれるようになった事。 色んな意味で寝られない夜になりそうだな」 炭治郎はそう呟きながら、刀を鞘へと戻し、伊之助が暴れだしたことで大変そうになっている善逸の方へと向かおうとする。

竈門炭治郎に憑依

🤙 それと同時に、カナエの屋敷は蝶屋敷であるという事も知った。

日の呼吸 参ノ型 列日紅鏡 水平への2連撃。

『鬼滅の刃【短編集】』第3章「一夜の夢、永遠の契り【煉獄×炭治郎】※炭目線(オメガバース)」 29ページ

😝 「・・・やれやれ。 「禰豆子!!大丈夫か?!… 名前 、お前…!」 禰豆子を庇う兄に、嫌気が差した。 霊体などのこの世には存在しない者を見る事ができ、剰え自身の肉体に憑依させる事が出来る炭治郎はカナエの屋敷までついて行く途中、幽霊の縁壱にカナエが所属する組織で、その歴史は約千年と続いて居る鬼殺隊の説明を受けていた。

13
「ん!?」 必死にもがこうとしても、体の力が抜けていくだけであった。

降霊術師の炭治郎

🤙 良かった。 今日から炭治郎君は此の屋敷に住んで貰うし、丁度此の部屋が空いて居たから此の部屋にしたの。

炭治郎君は山育ちだし、山には大分慣れているだろうしピッタリだわ。

雪柱は炭治郎の……?

🙌 そんな夢を見て炭治郎は頬を緩めて居た。 基礎的な体力が欲しいからこの屋敷の裏山を走り回って貰おうかしら。

「炭治郎君、起きたのね。