マル 伊 商店。 マル伊商店(マルイ商店) 南知多町師崎の生炊きしらすのお店 お取り寄せ

マル伊商店(師崎)|【ミーナの恵み認定】南知多しらす

😊 人気の売れ筋商品は、「生炊き」や「あなごひもの」です。

少し濃い目の絶妙な味付けだと思います。

会社案内

😛 平成3年、その加工品の直営所をオープンしたことをきっかけに、顧客の意見や反応をダイレクトに商品開発や改良に直結。 マル伊商店 愛知県南知多町師崎 漁師町の干物・ちりめんじゃこ専門店マル伊商店南知多師崎・特選名産品 ちりめん・干物 旬の美味しさ、そのままお届けします。

15
あと鮮度や味が少しでも落ちないように、保管時にペットボトルの凍ったものを入れるなど色々な工夫もされているようです。

マル伊商店の生炊きしらす

🤭 そんな想いが、笑顔で明るく接客する女性スタッフの方からも伝わってきます。

「なんだ、ここでも買えるのか!!」と迷わず購入しました。

マル伊商店(マルイ商店) 南知多町師崎の生炊きしらすのお店 お取り寄せ

⚔ 家に帰って食べてみると、師崎のお店やネットで買ったものと明らかに違う味で残念なものでした。 計り売りも人気です(右)同店手づくりの「酢漬け」 店内には、地元ならではのおいしそうな水産加工品がたくさん並んでいます。 名物の「いわし」(右)師崎産の「生わかめ」 (左)自家製の新物チリメンジャコ。

14
また、2012年 平成24年 には「生炊きしらす」、「生炊き小女子」が農林水産省、経済産業省による地域産業資源活用事業計画の事業に認定されました。 つながる。

マル伊商店(マルイ商店) 南知多町師崎の生炊きしらすのお店 お取り寄せ

☮ 90年に工場の近くに直を開いてからは、製造から販売まで行っています。

「生炊き」とともに歩んだ試行錯誤の歴史 愛知にはなかった「生炊きしらす」をつくりたい。 店や工場は正月の3日間をのぞいて年中無休。

マル伊商店(マルイ商店) 南知多町師崎の生炊きしらすのお店 お取り寄せ

🍀 そんなことを考えながら、しばらく商品をジーっとみていると、店員さんが試食をさせてくれました。 「釜の温度は?」「調味料の分量は?」「塊にならないように煮る方法は?」 様々な試行錯誤の末、納得のいく製品ができるようになり「生炊きしらす」事業を本格化へ。 店では工場で製造した水産加工品がたくさん販売され、多くの客でにぎわっています。

16
マル伊商店さんの「生炊きしらす」 とても美味しそうな色・ツヤです。

『農林水産大臣賞の生炊きしらす』by 激おこプンプン丸٩(๑`^´๑)۶ : マル伊商店

📲 カタクチやマの仔魚であるシラスは、鮮度落ちのとても早い魚。 甘辛い佃煮の味と海老の風味が絶品の組み合わせですね。

この生炊きしらすに関して、気になる情報を1つ最後に書いておきます。 この師崎で、古くから干物やチリメンジャコ、つくだ煮の製造直売を営んでいるのが「マル伊商店」です。

【DoChubu掲載】新名物「生炊きしらす」が人気!師崎で干物・チリメンジャコ・つくだ煮を製造直販する「マル伊商店」

🙌 こだわりの商品を直接お客に届けたい 笑顔で迎えてくれたマル伊商店代表の坂下さん(右)とスタッフの川端さん 1950年頃にこの地で創業した「マル伊商店」。 たまたまなんですが、名東区のダイエーの食品売り場でこのマル伊商店の生炊きしらすを見つけました。 まずは小さな家庭用の鍋から少量で試作品をつくりはじめた状態でした。

11
両商品とも知人・友人にプレゼントしたい一品と感じました。 また、2005年にオープンして今では人気も定着した「師崎漁港朝市」にも出店。

マル伊商店(マルイ商店) 南知多町師崎の生炊きしらすのお店 お取り寄せ

🤛。

「生炊きしらす」 価格:100グラム入り350円 マル伊商店 :. 知多半島で「しらす」を取り扱っている問屋さんを探しています。 代表の坂下和久さんは3代目で、30年近くにわたって師崎であがる魚を中心に干物やチリメンジャコ、つくだ煮などの水産加工品をつくり続けてきました。