アウディ a5 スポーツ バック。 Audi A5 Sportback > アウディジャパン

A5スポーツバック(アウディ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

❤ 5m アウディA5スポーツバック45TFSIクワトロスポーツ 最小回転半径:5. デザインの美とスポーティな走行性能、そして日常の足としての機能性を融合した、アウディのミッドサイズプレミアム5ドアクーペ、A5スポーツバック。

この電子制御多板クラッチを用いた4WDは、環境性能の向上を目的とし必要に応じてリヤの駆動を切り離してFWD化する。

VW アルテオンvsアウディA5スポーツバック 使い勝手はどっちが上?VWグループのミドルラージ5ドアクーペ サイズ比較|Motor

❤️ 熟成が極まったセンターデフ式クワトロを採用するA5と、洗練を重ねる電子制御クラッチ式クワトロを搭載するQ5。

17
もっともその違いはオクタゴングリルや前後バンパーの形状くらいで、サスペンションは両者ともに共通。

VW アルテオンvsアウディA5スポーツバック 使い勝手はどっちが上?VWグループのミドルラージ5ドアクーペ サイズ比較|Motor

🤚 エクステリアは、ハニカムメッシュグリルや往年のAudi Sport quattroを彷彿とさせるボンネットスリット、ボディ一体型サイドスカートを装備し、より一層スポーティに仕立てている。 そうした影響もあるのだろう、S Line仕様のハンドリングは明らかにA5よりもクイックだった。 環境性能的に不利なセンターデフ式AWDだが、その走りはやはり素晴らしい。

安全装備は、歩行者検知機能付アウディプレセンスシティや、渋滞追従支援機能付アダプティブクルーズコントロールを標準装備するなど、ドライバーの安全性、快適性をサポートする先進のアシスタンスシステムをより一層充実させた。 ただSトロニックの制御もA5同様に大人しめなため、耐久性の面もあるとは思うが、もう少しスポーティに制御した方が、シャシーのトーンにマッチングすると感じた。

アウディ A5 スポーツバックとQ5をテストドライブ! 最新ディーゼルモデルが搭載する新旧クワトロシステムを検証する

😍 右ハンドルのみの設定。

11
インテリアには、最新のインフォテインメントシステムMIB3を初採用。

アウディ A5 スポーツバックとQ5をテストドライブ! 最新ディーゼルモデルが搭載する新旧クワトロシステムを検証する

😊 もはやお馴染みとなった「バーチャル・コックピット」を装備し優れたインフォテインメントがドライビングをアシスト。

8
0リッターの直列4気筒ディーゼルターボを搭載した40 TDIモデルながらも、そのシステムが異なっていたのである。

アウディ A5 スポーツバックとQ5をテストドライブ! 最新ディーゼルモデルが搭載する新旧クワトロシステムを検証する

🖕 センターデフで前後輪のトルクを基本40:60で配分するその走りは、切れ込み過ぎず、安定し過ぎず、実にニュートラルで快適である。

2分割式のカバーが備わる大面積のリヤゲート、ラゲッジコンパートメントを備える。 「遮音性と機密性の高さには、高級セグメントとしての車体の作り込みを感じる」 まず最初に試乗したのは、そのシルエットが抜群に美しいA5 Sportback 40 TDIだ。