解職 請求。 解職請求に関するトピックス:朝日新聞デジタル

リコール (地方公共団体)

📞 2004年4月10日 野髙貴雄 茨城県長 成立 次の選挙で再選する。 ただし、この解職請求は、当該議員または長の就職の日から1年間及び解職の賛否投票の日から1年間は行うことができません(無投票当選の場合は除きます)。

選挙管理委員会は、投票の結果を直ちに請求の代表者並びに長及び議会の議長に通知し、かつ公表する。 ただし、現在本市には委員の選挙権を有する者がいない。

リコール(解職請求)について

😔 さらに、除名処分の適否を裁判で争うこともできます。

署名の前に必ずお読みください。 主要公務員は、議会の議員の3分の2以上が出席し、その4分の3以上の同意があったときは失職する。

議会の解散及び議員又は市長の解職の請求

😊 請求が有効であれば、請求から60日以内にその選挙区(選挙区が無い場合は全域)においてが行われる(地方自治法第80条第3項及び地方自治法施行令第113条)。 その議会の議員選挙から1年間又は解散投票日から1年間は解散請求をすることができない(地方自治法第79条)。 長が失職した場合は、公職選挙法第34条第1項の規定により、通常その後50日以内に選挙が行われます。

地方議員の解職 対象の議員のの有権者(選挙区が無い場合は地方自治体の全有権者)の3分の1以上(40万を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上、80万を超えるときは、80万を超える数の8分の1と40万の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上)の署名を集めると、選挙管理委員会に請求できる(地方自治法第80条第1項)。 また、もしあなたがリコール運動に携わる中で、署名の偽造などの不法行為に関与していた場合には、一刻も早く自主的に捜査機関への申告をお勧めいたします。

地方自治法テキスト1

☯ 選挙管理委員会は、選挙人の投票に付する。 (2)請求代表者の資格確認及び請求代表者証明書の交付 交付申請があったときは、町長は直ちに選挙管理委員会に対し、請求代表者が選挙人名簿に登録されている者かを確認し、登録されている場合は、請求代表者に証明書を交付し、その旨を告示します。 解職請求(リコール) (2013年09月16日 朝刊) 地方自治法が定める直接請求制度。

1
選挙権を有する者の3分の1以上の連署をもって、その代表者が選挙管理委員会に議会の解散を請求すると、選挙管理委員会はこれを有権者の投票に付し、選挙人の有効投票中、過半数の賛成投票があったときは、議会は解散します。

解職請求に関するトピックス:朝日新聞デジタル

🤐 請求が有効であれば、請求から60日以内に、その委員の選挙区(選挙区が無い場合は地方自治体全域)において住民投票が行われる(漁業法施行令第22条・地方自治法施行令第100条の2第1項)。 実は地方自治法は134条~137条で議員に対する「懲罰」を定めています。

8
ただし、投票前に対象の議員が職を失い又は死亡した場合は投票を行わない(地方自治法施行令第112条)。 しかし、この議会の解散請求は、当該議会議員の一般選挙又は議会の解散請求に基づく解散の賛否投票が行われた日から1年間(起算は翌日)は行うことができません。

長の解職の請求代表者証明書の交付

🙏 返付の際には、署名簿の末尾に署名押印した者の総数、有効署名数や無効署名数を記載します。 この手続きは、「個人情報開示請求書」と保有個人情報の本人であることの証明書(運転免許証など)を提示するだけで簡単にできるものです。

そして、住民投票により、 過半数の同意で決し、過半数の同意があれば、議員は解職されます。 3.議会の解散請求 地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有するものは、その総数の3分の1以上の連署をもって、その代表者から、地方公共団体の選挙管理委員会に対して、議会の解散の請求をすることができます。

議会の解散及び議員又は市長の解職の請求

🙄 長は、直ちに請求の要旨を公表する。 地方議会の解散 の3分の1以上(40万を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上、80万を超えるときは、80万を超える数の8分の1と40万の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上)の署名を集めて選挙管理委員会に請求できる(地方自治法第76条第1項)。 2011年12月5日、リコールを問う住民投票が告示され 、25日に行われる予定だったが、22日に市長を辞任したため行われなかった。

(法第76条第1項) 請求後の主な流れ• だが、市長の辞職で中止。