ハイネ ヴェステンフルス。 ハイネ・ヴェステンフルス

機動戦士ガンダムSEED DESTINYの登場人物

👆 たまにに搭乗する。 このことから(アーーの強奪機体)がであり、等ではとの戦いがとなっている。

9
黒海、クレタ島沖海戦において、タケミカズチは大破し、沈没を待つばかりとなるが、アマギはトダカと一緒に沈み行く艦と運命を共にする意向を申し出るが逆に、「もうその命が無いものと思うなら、他の将兵を連れてカガリ達のに移乗し、戦争を終わらせられるよう尽力せよ」と言う旨諭され、これによりタケミカズチを退艦。 作戦立案はマーズが行い、ヘルベルトがその案を煮詰め、ヒルダが実行リーダーを担当する。

ガンダムカフェTOKYO「スペシャルプログラム」に西川貴教&岩井勇気が出演決定!

✔ このでの人物である。

のあだ名で知られている。

ハイネ様台詞集

💢 FAITHが赤服に負けるか…何やってんだか…! シン機とは異なりオレンジ色のビームを発振する。 ネオの率いる特殊部隊の黒幕的な存在でもある。 との不和の種を鋭く察知して仲を取り持とうとするなど、チーム内の調整役としての才能を発揮していた。

新エンジンの採用に伴い、OSは新型の「 Gunnery United Nuclear- Deuterion Advanced Maneuver System(核・デュートリオン統合先進機動砲撃システム)」となっている。 オレンジ寄りの金髪を特徴的な髪型にした外見は、氏の「灰猫」時代のビジュアルをモデルにしている。

【Gジェネ クロスレイズ】「ハイネ・ヴェステンフルス」の入手方法とアビリティ【ジージェネ クロスレイズ】

☝ 命令を守るのも軍人の務めだ」ロ「その命令の良し悪しも考えないで…」 ロックした機体を撃破で勝利:ロラン• これがハイネPの始まりであり、自動機によって最新作品まで順番に見ることができる。

『SEED DESTINY MSV戦記』では、隠し財産として価値の落ち辛いやのを相当数所持していた事が判明している。

【Gジェネ クロスレイズ】「ハイネ・ヴェステンフルス」の入手方法とアビリティ【ジージェネ クロスレイズ】

🤫 シン同様、トダカもまた乗艦を沈めようとする敵機のパイロットが、かつて自分が保護した少年であることを最期まで知らないままであった。

9
先輩として、手本を見せただけだ 僚機レイ:自機とどめ• 開戦直後のプラントへの核攻撃に失敗して以降、地球連合内での発言力は徐々に衰えていき、戦力であるの一人であるを失った際には、新たに完成した大型戦略を配備させ、反対運動の強い幾つかの都市を壊滅状態に追い込む。 君は、ルナマリアだったね? 議長の期待には、答えねぇとな 独白• くそっ、やばいことになったな 僚機レイ:僚機被撃破• CPU戦• 父親はオーブ宰相。

ハイネ・ヴェステンフルス

🐲 主な出演作品の項目を加筆する際はご注意ください。

6
命令は絶対。

ハイネPとは (スバラシキハイネイルとは) [単語記事]

⚔ まだまだ、これからだろ? くにれば… どうやら奮するとがでるらしい。 ま、面目は保てたかな 僚機ロラン:自機とどめ• 生真面目な奴だな…それが仇にならなきゃいいが 僚機アスラン• 階級は一尉。

6
このグフを、なめんなよ! 墜とす! ミネルバのヒヨッコか。 52年 年齢:21歳 血液型:A型 身長:178cm 体重:63kg 劇中での活躍 生まれのコーディネイターであり、「第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦」(作中では前作『』終盤にあたる)で所属部隊「ホーキンス隊」メンバーとして最前線で戦い多大な戦果を挙げた功績により「」に任命される。

ハイネ・ヴェステンフルス

☺ ミーアの死を目の当たりにした皆のそばで彼女の持ち物を調べたラクスによって、カバンから発見された日記からミーアの歌への想いやラクスへの感情が判明した。

一部の漫画版やゲーム『』ではがジブリールを討つ展開となっており、では、シンの乗るの高エネルギービームライフルでレクイエムのコントロール・ルームを貫かれ、死亡(その際自分がデュランダルの掌で踊らされていたことに気づき、愕然としていた)。 運がなかったか…出直しだ• 大戦の後ずっと。

機動戦士ガンダムSEED DESTINYの登場人物

😊 ハ「お先に! 戦局変化時• スペシャルエディション版では黒海への部隊派遣を断る際の口調が原作以上に辛辣となり、明確にジブリールを罵る様な言葉となっている。 使用には大量のエネルギーを消費する為、バッテリー駆動式のMSでは稼働時間が短縮されてしまうが、本機はハイパーデュートリオンエンジンを動力としているので稼働時間への影響は無い。 職業軍人ってのは大変だよな、まったく 僚機属性「軍人」および僚機劾• かと言って、この機体がオリジナルに比してデチューンされたというわけではなく、想定パイロットによって別々の調整を受けただけの 少数生産同型機である。

この際、マユが落とした携帯電話を拾うため、家族から離れた位置にいたシンは生き残ることになった。 ロ「タイミングばっちりです」ハ「へえ。